3DCADのイメージとか


当サイトでは、3DCADソフトのひとつであるRevit(レビット)についての解説をしていきます。

解説というとガイドブックみたいなモノを想像するかも知れませんが、ここではそれよりも前の段階について書いていきます。

もちろん操作的な話もしていきますが、それはもう少し後のステップになるんじゃないかな。

そうした細かい話よりも……

Revit(レビット)というのはどんなソフトなのか、どんな機能を持っているのか、どんな用途で使えるのか。

というような話を、実際に実務で使っている側の視点になりますが、思うところを色々と書いてみたい。

そんなことを考えています。

まずはRevit(レビット)がどんなCADなのかを説明していく流れですが、ここで少しだけ待ってください。

ちょっとその前に……

現在のCAD業界での3DCADの立場とか、そのあたりの内容について考えてみることにします。


■何の為に3DCADなのか

CADの業界で働いている方であれば、結構昔から3DCADが主流になるんじゃないか、みたいな話を聞いてきたと思います。

「これからは3Dを覚えてスキルアップ」とか

「三次元CADの時代がやってきた」みたいな話を。

ちょっとセンスがなさすぎで申し訳ありませんが、まあそんな感じで3DCADの話題が増えてきています。

私もCADを使って仕事をする立場ですから、そんな漠然とした話を何年も前から聞いてきました。

でも、そもそも3Dで作図が出来るという機能は、一体誰が必要としていて、どんな目的があるのか。

CADにプロとしては、そのあたりが気になってしまうというか、どうにもスッキリしないんですよね。

CADを使う側が使いたいからとか、その方が何となく難しい仕事をしている感じがするからとか。

そんな感じで、使う側が推進するようでは到底3DCADなど普及する訳はない、という考えが当時の私にはありました。

だから当然興味もほとんどなく、今までと何も変わらず、ずっと2DCADを使って仕事をこなす状況でした。

こうした考え方は、恐らく実際の業務でCADを使っている方ならば、ある程度理解出来るのではないかと思います。

 

■実際に使ってみると

だけどそんな一般的な意見はさておき、今現在は色々とあって3DCADを使って仕事をしている私がいます。

そうなってくると、3DCADの未来とか使い道とかの能書きはもう関係なくて、今ある状況で仕事をするしかありません。

好き嫌いは抜きにして、私はCADのプロですから、CADに関することで「出来ません」とは言えないんですよね。

そんな感じで、Revit(レビット)という新しいソフトを覚えることになったんです。

もちろん練習をするよりも、実際の業務で使う方が、覚えるスピードは圧倒的に速いというメリットがあります。

ただしその反面、正しい成果品として結果を残す必要がある、という大きな問題があります。

まあ成果品を完成させるからこそ覚えるのが早い訳ですから、これらはセットということになりますが。

そうして仕事をしていく中で、今まで3DCADに対して抱いていた印象と、現実とのギャップを強く感じる事になりました。

今まで自分が印象として持っていた3DCADのイメージから、今のCADはもっと進歩している。

そんな良い方向のギャップがありました。

しかしその逆のパターンも当然ある訳で……

「こんなことが出来るって書いてあるけど、実務で使うのは厳しいんじゃないか」という、悪い方向のギャップ。

要するに、自分が思っていたよりも良かった部分と、思っていたよりも悪かった部分があった、ということ。

まあこれは当たり前ですよね。

自分が想像していたことと寸分違わないというのは、普通に考えてもほとんどないはずですから。

 

■ユーザーの視点で

プロとして仕事で使おうとして、実際に自分の手で色々と触ってみると、思うことは本当にたくさんあります。

それらの内容を、小難しい話はなしにして、出来る限り分かりやすい状態でお伝えしていければと考えています。

私の意見が少し偏っている可能性もありますが、実際に使ってみて思ったことを書かないと意味がないですよね。

だから、良いことも悪いことも含めて、色々と思うことを書いていくつもり。

使ってみて思うことが多いというのは、実際に体験していない事に対して自分が意見を持っている場合に起こります。

想像していた部分が、実際に使ってみることによって、その姿を変えていく訳です。

実際に体験して「想像していたこと」から「実際にやってみたらどうだったか」に変わる。

そのあたりについても、私の文章を書く力が及ぶ限り、出来るだけ分かりやすく書いていければと思ってます。

ということで……

このサイトでは私の感想を交えながら、3DCADであるRevit(レビット)について色々と書いていきます。

あくまでもユーザーの視点からになってしまいますが、作り手側の意見はオフィシャルサイトでたくさん書いてあるはず。

だから私はユーザーとして率直な意見を書いていきます。

そうすると、私自身の知識も少し整理されて、何か新しい発見があるかも知れないですし。

これからRevit(レビット)を覚えようと考えている方、あるいは少しでも興味を持っている方。

そんな人に読んで頂ければと思って書いていますので、興味のある方はしばらくお付き合いお願いします。

 

このページの先頭へ