普及すると思う2つの理由


Autodesk社が開発・販売しているRevit(レビット)が、3DCADのスタンダードになっていく。

その可能性は充分にあると、私はユーザーの立場からそう考えています。

だからこそ、2DCADよりも複雑で面倒な操作感を持っている3DCADを覚えた訳です。

時期的には3DCADはまだ早いだろう。

と、そんな声があるのも分かっているし、機能などを見ている私自身もそう思うことがあります。

でも、そうした問題点がありながらも、先行していることで得られるメリットがあるんじゃないか。

そんなことを考えています。

まあ実際のところ、何らかの仕事でRevit(レビット)を使うことになる訳ですよね。

あえて今それを覚えることによって、自分のスキルを高めていくことは、決して悪いことではないと思ってます。

覚えるだけ無駄?

そう思う人がいることも分かっていますが、全力で取り組んだことが全くの無駄になることはありません。

仮にRevit(レビット)が今ひとつ普及しなかったとしても、得られるものは必ずあると思います。


■普及すると考える理由

さて、そんな精神論みたいな話はさておき……

Revit(レビット)が3DCADのスタンダードになる可能性を持っている、と私が思う理由について書いてみます。

まあ多少身内贔屓な内容になるかも知れませんが、色々な情報を収集して最後に判断をするのは自分です。

そこに好みが入るのは当然だし、自分が気に入ったCADでなければ頑張って覚えようとしないと思います。

だから多少「好み」が入ってもイイですよね。

ということで……

Revit(レビット)が3DCADとして、一般的に普及していくのではないか、と思う理由。

そう思う理由は幾つかありますが、その中でもポイントが高いのは以下の2点ではないかと思っています。

■理由1:AutoCADが普及している

前回も紹介しましたが、Autodesk社が販売しているCADの中に「オートキャド(AutoCAD)」があります。

これは2DCADとしてかなりのシェアを獲得している、非常に便利で優れたCADなんです。

もちろん好みもあるとは思います。

でも、自分が使いやすいようにカスタマイズが出来て、作図の効率アップを自分で工夫出来る。

そうした拡張性の高さが特徴で、「分かりにくい」と言われることもありますが、少なくとも私は気に入っています。

もちろん私だけでなく、たくさんの人がオートキャド(AutoCAD)を愛用しているはず。

そんなオートキャド(AutoCAD)を販売しているAutodeskが、3DCADとしてRevit(レビット)を押している。

そう聞いた人は、とりあえず興味を持つのではないかと思います。

オートキャド(AutoCAD)を愛用している人が、今度は3DCADを覚えようと思った時。

少なくとも覚える最有力候補として、同じ会社のRevit(レビット)を検討するはずです。

同じ会社のCADであれば、データの交換も比較的楽だというメリットもありますし。

少なくとも3DCADとしてRevit(レビット)を導入するハードルは低くなりますよね。

これがまずは理由のひとつ。

単純な理由だと思われるかも知れませんが、こういう部分は結構ポイントとしては大きいと私は思っています。

 

■理由2:AutoCADとセットになって販売されている

現在2DCADのスタンダードと言っても過言ではないオートキャド(AutoCAD)との関係。

Revit(レビット)が普及するのではないか、と思う理由として、まずはそれを挙げてみました。

そう思うのは私だけではなく、Autodesk社もそう考えるのはごく普通の事ですよね。

オートキャド(AutoCAD)とRevit(レビット)がセットになったパックが販売されているのは、多分そうした理由があるからだと思います。

オートキャド(AutoCAD)を使っているユーザーに対し、単品で購入するのとあまり変わらない価格でパックを販売する。

それによって、Revit(レビット)をどんどん普及させていく、という狙いがあるんじゃないかな。

どんなセットなのかは、以下のAutodesk社オフィシャルページを見て頂ければ分かります。

……と、ここまでの記事は結構昔に書いたので、今現在は状況は少し変わっています。

どうやらオートキャド(AutoCAD)とRevit(レビット)のセット商品は止めにして、もっと多くのソフトを含めた商品を展開していくようです。

URLを載せてもいずれリンクは切れますので、ここではAutodeskのサイトだけを紹介させて頂きます。

 

Autodesk

 

ここまでのセットが一般的に受け入れられるかどうか、正直言って微妙だと私は思っていて、大丈夫なのか正直言って心配です。

この先どうなるのかは、ユーザーとして様子を見ていくしかありませんが……

 

このページの先頭へ