Revit体験版のダウンロード

さて、今までの話でRevit(レビット)の概要については、大体お伝えすることが出来たんじゃないかと思います。

内容があっさりしている割に説明が長いのは、単に私の説明があまり上手とは言えないから。

もう少し簡単で分かりやすく説明出来れば良いんですけどね。

詳しく話を掘り下げていくと、きっと建築とか設備の詳しい話に進んでいってしまうので、この辺で止めておきます。

詳しい話はもう少し後にすることにして、このカテゴリで説明するつもりだった概要は今回で終わりです。

まだまだ書きたいことはたくさんありますが、それはこれ以降のカテゴリに分けて、それぞれ詳しく書いていきます。

ということで、このカテゴリで最後に取り上げるのは、実際Revit(レビット)に興味を持ったらどうすれば良いか。

実際にRevit(レビット)を操作してみたいと思ったら、やっぱり実際に使ってみないと、という話です。


■Revit(レビット)に興味を持ったら……

建築系の3DCADであるRevit(レビット)について、今まで簡単な概要を説明してきました。

その説明を読んで、自分の仕事でも生かせそうと感じた方も、中にはいるんじゃないかと思います。

そうして少しでも興味を持ったのなら、やはり自分の手で操作をしてみて、自分の目でどんな動きをするのかを体験したいですよね。

それならば「ソフトを購入して使ってみる」という選択肢もありますが、これが結構な出費です。

ちょっと興味があるから、という理由ではなかなか購入出来ない値段ですから、もっと別の手段を考える必要があります。

まあ3DCADの中では普通だと思います、というか、もっと高い3DCADもあるんですけど……

それでも一般的な価格の感覚で言えば、50万円前後という値段は決して安くはないですよね。

私も自分の財布からRevit(レビット)を購入するのは、正直言ってなかなか難しいです。

というのが一般的な意見だと思います。

■体験版のRevit(レビット)という選択肢

単価の高いCADだから簡単に購入出来ない、というのは、メーカーの方でもよく分かっています。

だから、そんなユーザーにRevit(レビット)を触ってもらおうという理由から、体験版を用意しています

体験版ですから、当然無料でRevit(レビット)を実際に使ってみることが出来るんです。

携帯電話とかインターネット回線の広告に記載してある「0円」とは違い、こちらは完全に「出費0円」です。

試してみるのにリスクはありません。

……と言いたいところですが、体験版をダウンロードする為に、幾つか個人情報を入れる必要があります。

私はあまり気にしませんが、それをリスクと考える方もいると思うので、ここではリスク0とは言いません。

そのあたりの話を問題ないと感じるのなら、ぜひ一度Revit(レビット)を使ってみることをお勧めします。

建築系の3DCADがどんなものなのか。

もしそれに興味がある方であれば、試してみる価値はあるんじゃないかと思いますが、いかがでしょうか。

メーカーとしては、実際に操作をしてもらって、Revit(レビット)というソフトが便利かどうかを知って欲しい。

そして、そのまま気に入って購入してくれば良いな、という思惑があるのだと思います。

■実際にRevit(レビット)体験版をダウンロードしてみる

Revit(レビット)体験版に興味がある方は、まず下記リンクをクリックして、Autodesk社のサイトに飛びましょう。

Revit Architecture 2012

Revit Structure 2012

Revit MEP 2012

以前紹介した3種類のRevit(レビット)について、それぞれ体験版が用意されています。

興味のある分野、あるいは今自分が関わっている分野に近いものをダウンロードするのが良いと思います。

上記のサイトに行くと、ダウンロードをする前に幾つかの個人情報を入力することになります。

どんな内容かはリンク先を見て頂ければ分かりますが……

・名前

・会社名

・住所や電話番号

・メールアドレス

・購入予定はあるか

・今後イベントや製品の情報をメールで送っても良いか

などを入力します。

私は何度か体験版をダウンロードしたことがありますが、ここに個人情報を入れたことが原因で、何かトラブルになったなどはありません。

また「購入はいつになりますか?」みたいなしつこい勧誘の電話などもありませんでした。

この辺は巨大な企業が持つ余裕だと思います。

以前私は、何かは忘れましたがサービスの無料体験版みたいなものを請求したことがありました。

その時は何度か電話がかかってきてうんざりした経験がありますが、Autodeskはそんなスタンスではないようです。

興味のある方は、あまり難しい心配をしないで、一度体験版を試してみてはいかがでしょうか。

 

このページの先頭へ