3Dモデリングは簡単ではない

BIM(ビム)という言葉は、長い単語の頭文字を取って作られた名前だけあって、色々な意味を持っています。

ただ単に3DCADを使い、建物のデータに高さ情報を与えて3D入力するだけではなく、もっと先があるんです。

作成された3Dデータに「情報」が与えられて、そこでようやくBIM(ビム)という言葉に意味が出てくる。

前回はそんな感じの話をしました。

単純に建物の形状を3Dでモデリングしただけでは、正式な意味ではBIM(ビム)とは呼べない。

そこに情報が与えられないと、せっかく3Dモデリングした建物の価値も半減してしまいます。

……と、そのような表現をしましたが、これは一般的な言葉の定義を考えて書くとそうなる、というだけの話なんです。

今まで2DCADを使って作図をしていた状態に比べると、高さ情報を持っているCADデータにはやはり価値があります。

そこに情報を盛り込めばなお良い、というくらいのニュアンスで書きたいのが正直な気持ちです。

今回はそのあたりの、3DモデリングデータとBIM(ビム)について思うところを書いてみたいと思います。


■3Dモデリングの手間

3DモデリングをしただけではBIM(ビム)と呼べず、そこに情報を与える必要がある。

これは確かに事実ではありますけど、3Dモデリングをした「だけ」と表現出来る程、モデリングは簡単ではありません。

3DCADとして高さをもったデータを作成する為には、作図する人間もきちんと高さ情報を頭に入れておく必要があります。

これがしっかりと出来ている人は意外にも少なくて、それが3Dモデリングを難しくさせているんです。

だから、実際の業務的な話で考えてみると、Revit(レビット)で3Dモデリングをするのはかなり大変。

それを身に染みて知っているから、あまり3Dモデリングを簡単なイメージで書くのは気が引けます。

手軽に高さ情報を与えることが出来て、それさえ入力すれば簡単に3Dモデリングが出来ます。

とか。

そういう聞こえの良い言葉を色々と書きたい気持ちもあるんですけど、あまり現実と違うことを書いても意味がありませんよね。

そういう気持ちがあるので、ここでは3Dモデリングをした「だけ」ではBIM(ビム)と言えない、という書き方は控えようと思ってます。

■CADの問題もまだある

Revit(レビット)を使って3Dモデリングをすること自体、確かに専門知識とテクニックが求められます。

しかし、それを請け負って遂行するのがプロと呼ばれる人ですから、あまり「難しいです」などの言い訳をしたくない。

これもまた、プロとしての正直な気持ちです。

出来ない理由を探すのは簡単ですから、それを見つけて満足しているようではスキルアップなど望めません。

そうではなく、要求された難しさに対応しようと頑張った結果として、今まで出来なかったことが出来るようになる。

そんな流れで自分のスキルを高めていくのが、やはり長い目で見れば良いんじゃないかと思ってます。

そうしてプロとしての実力が備わっていくんです。

ただ、これを書いている今現在、2DCADに比べてRevit(レビット)はまだ発展途上のソフトです。

これが結構困ったことなんですよね。

操作をする側がいくら頑張っても、Revit(レビット)側で「そのような機能はありません」となる場合もまだ多い。

今はこれが悲しいくらい多いんです。

そのあたりの「Revit(レビット)が不便で出来ないのか、操作側のスキルが足りないから出来ないのか」の判断は非常に難しいですね。

全部の不具合を「Revit(レビット)の機能として存在しないから」で済ませるのは、プロとして恥ずかしいですが……

全ての責任を自分の知識不足に求めるのも、やはり今のところは乱暴な意見ではないかと思います。

こうした話はいずれ少しずつしていこうと思っていますので、今回はこれ以上詳しい話をするのは止めておきましょう。

 

このページの先頭へ