3DモデリングとBIM(ビム)

前回はRevit(レビット)を使って3Dモデリングすることの難しさに少しだけ触れてみました。

解説をする側ではなく、実際にCADを使う側からの意見が色濃く出てしまった気もしますけど……

まあ実際に自分でRevit(レビット)を操作している訳ですから、ある程度はそうした色が出ても良いですよね。

ただ、今現在Revit(レビット)が出来ない事を色々と知っているので、書いていくと少しずつ熱くなる傾向にありそうです。

書いていくとキリがないこともありますし、それが単なる愚痴にならないように気を付けないといけません。

とは言え、まだRevit(レビット)の機能が完全に近いとは言い難い、というのもまた事実。

なので、元から存在しない機能をRevit(レビット)に求るのは、あまり効率が良いとは言えないかも知れません。

存在しない機能を求めてしまい、それが見つからないことに対して、それを自分のスキルのせいにする。

それでは仕事をしていても面白くないですからね。

って……

そんなことを今は書いていますけど、今後Revit(レビット)がどんどん進歩していけば、ここで書いた文章は全然意味不明ですよね。

そう遠くない将来に、そういう状態になることを、1ユーザーとして心から期待しています。


■3Dモデリングは必須条件

BIM(ビム)の概念を考えると、建物を3Dモデリングして、その要素に情報が与えられる必要があります。

そうなって初めてBIM(ビム)と呼べる、という話です。

ですから、確かに3Dモデリングをした状態では、BIM(ビム)と呼ぶには充分とは言えません。

しかしBIM(ビム)という考え方が成り立つ為には、建物を3Dで入力しておく必要がある、というのも事実です。

ちょっとメンドクサイ表現をしてしまいましたが……

建物を3Dモデリングした状態では充分ではないけれど、3Dモデリングは必要な条件でもあるんです。

3Dで入力された部材が、その部材を細かく知る為の情報を含んでいる。

これがBIM(ビム)の簡単な考え方ですから、情報を持つ為に3Dの部材が作成されている必要がある、というのもよく分かりますよね。

ただ、こうして文章で色々書いていても、今ひとつ分かりにくいというのが正直なところですよね。

そんな訳で、もう少し分かりやすくする為、実際にRevit(レビット)の画面を交えてもう一度説明をしてみます。

多分その方がスムーズに頭に入ってくると思います。

■構造の3Dデータで

例えば建物の骨組みである鉄骨は、3Dデータとしての情報にプラスして、さらに細かい情報を持っています。

とか書いても、やっぱり今ひとつ分かりにくいかも知れないので、実際に例を出してみましょう。

例えば構造であれば、簡単な構造ですが、Revit(レビット)ではこんな感じで入力をします。

 

鉄骨柱と梁のモデリング

 

鉄骨柱なのに足元に何もないとか、ダイアフラムが見あたらないけどとか、ごもっともなツッコミもあるかと思います。

実は、4mスパンというあまり大きくないスパンなのに、H鋼は700x300という結構大きなメンバーになっています。

3Dビューを見ただけでは分からないかも知れませんが……

実際にこの通りの建物を建てたら、きっと非常に違和感のある建物が出来上がると思います。

一体どんな重たいものが乗る建物なのか、という感じです。

でも、今回は簡単な例として説明する為に数分で配置した適当な絵なので、そのあたりはまあ気にしないで構いません。

などと言い訳をしていたら、話が大分長くなってしまいましたね。

この鉄骨情報に対してBIM(ビム)の概念がどのように反映されるのかは、次回に続きたいと思います。

 

このページの先頭へ