3Dモデルが情報を持つということ

建物を3Dモデリングをした状態で、それぞれの部材が情報を与えられている状態をBIM(ビム)と呼びます。

これは理屈では何となく分かる話なんですけど、実際にどういう事か納得をするまではなかなか難しいです。

だから前回の後半からは、実際にRevit(レビット)を使った具体的な話を始めてみました。

3Dモデリングデータはこんな感じです。

 

鉄骨柱と梁のモデリング

 

こうして3Dで入力した梁ですが、単なる3DCADとして考えれば、もうこれでOKという感じですよね。

そこに配置されていて、さらにこうして3Dで視覚的に見えて、さらに自由な角度に動かすことが出来る。

これは実際にRevit(レビット)を使ってやってみるとよく分かりますが、非常に分かりやすい状態です。

ここまでのモデリングはそれほど大変な作業ではありませんが、何となく凄い仕事をしたかのような気になってきます。

こうした「結構頑張った感」を感じるという意味では、Revit(レビット)はなかなか良いCADと言えるかも知れません。

実際の業務で使ってみると、大まかにモデリングをした後の細かい調整が大変だという事実を知る訳ですけど。

それでも、ある程度大まかな部分では、それほど難しく考えずにモデリング出来るというのは便利ですよ。


■情報を持つという意味

こうしてRevit(レビット)で部材を入力すれば、平面も断面も自動的に造ることが可能です。

そして、平面上で動かせば断面でも移動していて、という整合性の問題も余裕でクリアします。

こうした「整合性が自動的に取れる」という機能は、3DCADの大きな特徴として挙げられる部分です。

このあたりは、実際に部材を3Dで作成しているRevit(レビット)の有利な部分じゃないかと思います。

もちろんこれは便利な機能ではありますが、BIM(ビム)はさらにその上を目指している、ということで……

例えば鉄骨の梁をクリックして中身を見てみると、鉄骨梁は内部的にこのような情報を持っています。

 

部材が持つ情報

 

鋼材の種類(SS400などがそれです)とか、鋼材毎に違う比重とか、H鋼の細かいサイズだとか。

さらには、ここには記載しませんでしたが、鉄骨を作った会社の名前や工場の場所などの情報を持つことが出来ます。

建物を3Dモデリングして、その部材がそれぞれの細かい情報をデータとして持っている、というのはこんな状態を指すんです。

■Revit(レビット)の便利なところ

そうした様々情報をデータとして持ちつつ、さらに視覚的な分かりやすさを持ち、平面図と断面図で連動する。

これはなかなか便利な機能ですから、今後このあたりはさらに洗練されていくんじゃないかと勝手に思っています。

造ったばかりで少ししか属性を与えていないので、今回の例で表示している情報としてこの程度ですが……

これらの情報は、Revit(レビット)を操作すれば、自分でもっと作り込んでいくことが可能です。

どんな情報を持たせると便利なのかを考えると、色々な選択肢が出てくるのではないでしょうか。

このあたりの自由度の高さが、Revit(レビット)の優れた部分じゃないかな、と個人的には思っています。

断面形状と長さが分かればH鋼の体積が分かりますし、それと比重が分かればその部材の重量も分かる。

そうすれば、クレーンを使ってこの場所から吊ることが出来るかどうか、という検討が可能。

と、色々な使い方が考えられます。

そんな情報をもった部材を組み合わせて、CAD上で設定した空間の中に建物を構成すること。

これをBIM(ビム)と呼び、3DCADであるRevit(レビット)が目指す場所もそこにある。

何となくイメージは掴めたでしょうか。

 

このページの先頭へ