目的がないと効果はない

Revit(レビット)というCADは、単に高さ情報を持ったCADだけではなく、BIM(ビム)の概念を実現する機能を持っています。

しかし「実際にBIM(ビム)の概念を実現する機能」という漠然とした表現では分かりにくい。

ということで、前回は具体的な例を出しつつ、3Dデータが情報を持つことの意味について書いてみました。

配置した部材に様々な情報が付加されているというのは、今までの2DCADにはなかった考え方だと思います。

CADの革命、というのはちょっと大げさな表現かも知れませんが、今までにない概念だというのは確かです。

もちろん今の段階では、その概念を完全に再現出来る機能を持つソフトはない、というのが正直なところです。

でもそれは技術的な話ですから、もちろん努力は必要ですけど、あくまでも時間が解決してくれることだと思います。

BIM(ビム)がやろうとしていることの方向性を考えると、様々な可能性を感じるので、1ユーザーとしては非常に楽しみです。

だから私は1ユーザーとして、もっとRevit(レビット)の機能が進化すれば良いなと思っています。


■夢のある概念

今はまだ完全とは言い難いRevit(レビット)を使いながら、このCADの機能が洗練されたらどうなるか……

それを考えながら仕事をしていると、ちょっと大げさな表現かも知れませんけど、なかなか夢があります。

理想的な話ばかりを並べるのは、実務のプロとしてどうかとは思いますけど、楽しみなCADであることに違いはありません。

そんな夢のような概念を実現する為には、解決しなければならない問題が山積みではありますけど。

それらの問題を解決した先には、全く違う仕事の形があるのではないかと期待をしています。

まあ私が現役で仕事をしている内に、そうした状態になるかどうか、というのは疑問ですけども。

それでも楽しみにするのは個人の自由ですよね。

ただし。

何でもかんでも単純に3D化するのが良いのか、BIM(ビム)の概念が全ての状況においてベストなのか、というと少し違います。

BIM(ビム)の特徴はしっかりと掴みつつも、その目的をはっきりとさせておくことが非常に重要。

仕事ですからコストを意識せざるを得ない中で、どのようにBIM(ビム)の概念を実現していくのか

ちょっとセコイ話もありますけど、利益を上げることが会社としての使命ですから、考えなくてはならない部分ですよね。

■目的地を目指して

BIM(ビム)の概念については何となく掴めたと思いますが、では何の為に3DCADを使うのか

仕事は何らかの目的があってはじめて成り立つ訳で、その目的をしっかりさせておくことが非常に重要です。

わざわざ手間と時間(つまりはお金)をかけてまでして、3Dのモデリングをするのはなぜか。

ここがクリアになっていないと、何の為に時間とお金をかけてRevit(レビット)を使っているのかが分からなくなります。

3Dモデリングは、2DのCADに比べて作成に時間がかかるという非常に大きなデメリットを抱えています。

図面だけが目的であれば、何も3Dで苦しい思いをしてモデリングをする必要なんてないんじゃないか。

2DCADとして、オートキャド(AutoCAD)で図面を作図すれば、それで充分ではないか。

非常に忙しい中で、時間はかかるけど頑張って3D入力をしていると、そう思ってしまうことがかなりあります。

実際に仕事でRevit(レビット)を使っている私も、やっぱりそう思うことがありますから。

でも、そこで図面という目的に目を向けるのではなく、その先にBIM(ビム)という理想的な話がある。

それを目指す、という基本的な方針がぶれてしまうと、なかなか効果的な使い方は出来ないのではないか。

まあここで私が心配していることを羅列しても、あまり意味がないような気もしますけど……

それでも「Revit(レビット)を使ってこういうことをする」という明確な目的が必要だ、ということは間違いないと思います。

 

このページの先頭へ