ハードディスクはどの程度か

Revit(レビット)を仕事で使う為に、パソコンのスペックはどの程度必要なのか。

こうした記事は、書いている時期からある程度時間が経つと、全然的はずれな内容になってしまいます。

それ避ける為、あまり具体的な数字を出さないという逃げ腰の記事を書いている訳ですが……

少なくとも、その時期に販売されているパソコンの平均的な能力を超えたスペックが必要になります。

それだけは間違いのない事実ですので、パソコン購入を検討する際には、充分に注意をして頂ければと思います。

どの程度パソコンに対してお金を掛けるか、というスタンスは人それぞれ、というか会社によって違います。

ただしいくつかある考え方の中には、「安ければ何でもOK」という考え方はありません。

これだけは確実ですから、もしパソコンの購入を考えているのなら、気にとめておくことをお勧めします。


■低価格化しているパソコン

とは言え、パソコンはいつだって、少し昔に比べると非常に低価格かつ高スペックになる傾向にあります。

少し昔からは考えられないスペックのパソコンが、本当に驚くべき価格で購入出来るんです。

だから、待てば待つほどお得な気がして、なかなか購入することが出来ない方もいると思います。

でも結局色々と調べていくと、いくら昔に比べて高性能だとは言っても、最も低いクラスのものは買いにくいんですよね。

これはメーカーの戦略もあるんでしょうけど、大抵は松竹梅があれば「竹」を選ぶような気持ちになるものです。

だから支払う金額はそれほど変わらない、というのが私の今までの経験から知った事です。

って、あまりというか全然役に立たない話でしたね。

ただ、Revit(レビット)を使う為には、最も低いクラスのモデルを選ぶのはお勧め出来ません。

少なくとも、値段の安さだけを重視してパソコンを選定すると、作業時に苦しむことになりますから。

そういう意味では、真ん中のモデルを選ぶことになるのは、別に悪いことではないはずです。

ただ、メーカーの思惑に乗せられているような気がするのが、少しだけ気になるだけで、まあ大した問題ではないですよね。

今回は、まずパソコンの中身としては最後になるハードディスクについて書いてみたいと思います。

■ハードディスクについて

ハードディスクというのは単純に記憶領域ですから、パソコンの処理速度を決定するスペックとは少し違う存在です。

だから、今まで書いてきたパーツに比べると、これはあまり気にしないでも大丈夫かな、と私は考えています。

これは、Revit(レビット)を使う際にはハードディスクがあまり関係ない、という話ではありません。

そうではなく、特に気にしなくても充分な容量を備えたモデルしか選べないはず、という点で大丈夫と書いています。

今販売されているパソコンは、特に何も考えなくても500GB程度のハードディスクが内蔵されています。

また、少しスペックが高いパソコンであれば、ほぼ自動的に1TB(約1000GB」以上のハードディスクが用意されるはず。

それくらいの容量があればもう全然問題ありません。

データの記憶領域が少ないと、余分なデータを保存する為のスペースがすぐになくなってしまいます。

まあこれはかなり昔の感覚かも知れませんけど。

そうすると必然的に、動きが遅くなってしまったりするなどの影響が出てくるので注意したいところです。

Revit(レビット)で作図をする際の図面データは、3DCADと違って大きくなりやすいです。

が、今のモデルであればあまり気にすることもないと思います。

少し欲を出して、レンダリングした画像データなどをたくさん保存する為にも、1TB程度の容量があると良いですね。

ある程度価格に変動はありますけど、基本的にパーツとしての価格は低めですから、ある程度贅沢をしても問題はないと思います。

 

このページの先頭へ