最初のスタンスとパソコンと

Revit(レビット)を使って仕事をして、クライアントから報酬を受け取っているのなら、それはもうプロと呼べるはず。

前回はそんな少し恥ずかしい感じの話をしましたが、これは実際に結構重要な心構えではないかと思っています。

精神論だけを語るのは好みではありませんが、自分はプロであるというプライドを持つのは大事なことです。

自分はプロではない、と思っている人は、基本的に「言い訳」が多くなる傾向にありますから。

「私はまだ初心者だから……」とか「そこまで使いこなせていません」とか、そういう言葉がまずは出て来る。

その後に言葉は続けない場合が多いですけど、恐らく「だからある程度失敗するのも仕方がない」となるのでしょう。

例えそれが事実であったとしても、お金を受け取って仕事をしている以上、それを相手にアピールすることなど出来ない。

少なくとも私はそう考えています。

基本的に、言い訳をする人は相手から決して信頼されません。

なので、Revit(レビット)のプロとかそういう以前の問題として、仕事で言い訳をしない方が良いと思います。

と、少し話が逸れてしまいましたが……

前回は、Revit(レビット)を覚える段階では、仕事として成り立たないくらい作業の効率が悪い、という話をしました。

これは誰しもが最初にぶつかる問題ですが、具体的にはどうすれば良いのか、というあたりについて今回は考えてみましょう。


■最初は効率化など無理

Revit(レビット)を使い始めたあたりでは、基本的に何をして良いのかすら分からない状態です。

そんな状態でRevit(レビット)を使って仕事をする、という事がまずは難しい話なんですよね。

なので最初はもう諦めるしかない。

まずは操作を覚える事が先決ですから、仕事で効率よく利益を出すことをメインに考えない方が良いと思います。

最初の目的は「しっかりとRevit(レビット)のスキルを高めること」に特化するしかありません。

それが出来れば、少しずつ作業効率とか利益などについても考える余裕が出て来るとは思いますが……

最初からそんなことを考えるのは難しいはずですし、そんなことを考えたら膨大なストレスを受けることになります。

そうなると結局デメリットしかない状態なので、まず最初はそこまで考えず、自分の知識を増やすことだけを考えましょう。

■パソコンのスペック

ただし、Revit(レビット)のスキルに関係なく、無条件で作業効率が改善される部分もあるんです。

それがパソコンの処理速度。

パソコンがどんなスピードで動いてくれるのかは、Revit(レビット)を操作する側のスキルとは無関係です。

単純に高スペックのパソコンを使えば、処理速度が速くなって効率が良くなるだけの話です。

それに関係するのは「作業環境を整えるのにどの程度のコストをかけられるか」の一点です。

コストさえかければ、Revit(レビット)初心者でも、少なくとも処理速度の問題で効率が下がることはありません。

だからそこに悩まされずに、Revit(レビット)のスキルを高めることに集中することが出来る訳です。

今まで割と長い時間をかけてパソコンなどの作業環境を考えてきたのは、そうした理由があるからです。

最初は操作する側のスキルとパソコンのスペックのバランスが悪い状態で、処理速度は速いけど操作が遅いということになりますが……

それでも、ずっと使っていけばイヤでも操作のスピードは上がっていきますから、少しずつ仕事としての効率化は進んでいくと思います。

そんな訳で。

大抵の方は会社に属してRevit(レビット)を使っている状態だと思いますが、出来る限り高性能パソコンを使うことをお勧めします。

自分でパソコンを選べる訳ではない、という事情は、私もそうですから非常によく分かります。

そのあたりをどうするかについては、次回にもう少し考えてみたいと思います。

 

このページの先頭へ