2DCAD経験者のメリット

このカテゴリでは、Revit(レビット)が実際にどんな特徴をもった3DCADなのかを紹介していきます。

BIM(ビム)という概念を実現する為の機能を持っている、とだけ書くと何となく格好良いんですけど……

それだけでは全然分かりませんので、もう少し具体的な話をしていければ良いなと思っています。

その話の中では最初に「2DCADとの考え方の違い」という部分をしっかりと取り上げていくつもりです。

なぜ2DCADとの違いを意識しているのかというと、まあ答えは非常にシンプルなものです。

これからRevit(レビット)を覚えようと考えている方は、既に2DCADを使っている方が多い。

だから、今現在使っている2DCADとどのような違いがあるのか、という話が一番分かりやすいんじゃないかと思います。

オートキャド(AutoCAD)やJwCADなど、現在使われている2DCADには色々な種類があります。

その中のひとつを使って仕事をしている方が、Revit(レビット)を使う際にどんなことを意識すれば良いのか。

そんな話が分かりやすいんじゃないかと思うので、まずはRevit(レビット)と2次元CADの違いから書いてみましょう。


■大抵の方はCAD経験者

これからRevit(レビット)を覚えようとしている方の中には、今まで2DCADを使っていた方が多いんじゃないかと思います。

もしくは、3DCADと並行してRevit(レビット)を使う、というパターンもあるかも知れません。

2DCADは問題なく使えるけれど、必要に迫られて3DCADであるRevit(レビット)を覚えようとしている。

そんな方が結構いるのではないでしょうか。

中には初めてのCADが3DCADであるRevit(レビット)、という特殊なパターンもあるとは思いますが……

実際にありそうな話としては、2DCADユーザーが3DCADに移行していくパターンの方が多いはず。

少なくとも私の場合はそんなパターンでRevit(レビット)を使うようになりました。

その際には逆に、2DCADの経験とスキルが少しRevit(レビット)に馴染むのを邪魔しましたが……

まあ私の話はさておき。

まずは2DCADを使える方がRevit(レビット)を覚える、という話を前提にして話をしたいと思っています。

2DCADに熟練しているからこそ、逆に気を付けておきたい部分もある、というあたりの話ですね。

これは私の実体験も少しというか、かなり入っているので、まずまず説得力がある話だと思います。

■2DCADを既に使えるメリット

2DCAD、例えばオートキャド(AutoCAD)を使える方が、これからRevit(レビット)を覚える場合。

2DCADなのか3DCADなのかという違いはありますが、大きな種類分けで言えば「CAD」ですよね。

ただ、別の種類のCADを覚えるだけ。

そんな状況の方が、CADの操作を全く知らない状況でRevit(レビット)を覚えるよりも有利になる。

これは間違いのない事実だと思いますが、いかがでしょうか。

車で例えると、もう運転免許は持っているけど、全然違うタイプの車を運転する、という感じです。

まあそれが、今まで普通のセダンに乗っていたけれど、これからは4tトラックに乗るというくらいの違いかも知れませんが。

それでも、車の運転が初めてという人よりも、確実に運転がスムーズに進むのではないでしょうか。

ちょっと話の持って行き方が強引かも知れませんけど、CADでも同じような話が当てはまる訳です。

全くゼロの状態から3DCADを覚えるよりも、既に2DCADを使える人の方が、覚えるのが早い傾向にある。

そのあたりの有利さがあるので、そうしたアドバンテージを是非とも活用したいところです。

 

このページの先頭へ