2DCAD経験者が陥る状態

Revit(レビット)をこれから覚えるにあたり、何か2DCADを覚えていた方が有利。

前回はRevit(レビット)の特徴について書く中で、そんな内容の話をしてみました。

全く別のCADであっても、2DCADを使ったことがある経験者の方が有利なのはなぜか。

それは、CADには一般的にどんな機能があるのか、などの知識を既に持っているから、というとうな話です。

「CADってどんなことが出来て、データはどう使えば良いのか」というあたりの話からスタートするのは結構大変なことです。

でも既にそれを知っていれば、そうした前提から話がスタートするので、Revit(レビット)の機能的な話に進むのが早い。

これは結構大きなポイントです。

そうした理由がある為、Revit(レビット)を覚えるまでの期間は絶対に短くなるはずです。

このあたりが、2DCADを既に使える方が持っているアドバンテージということになります。

ただし、何事にも表と裏があるということで、有利なところがあれば不利になる部分もある訳です。

今回はそのあたりの話をしてみたいと思います。


■ただしデメリットも

既に何らかの2DCADに熟練している方が、これからRevit(レビット)を覚える場合。

ある程度CADというものを知っているというメリットがある、というのは前回書いた通りです。

ただし、そうした状態が100%良い方向に働くとは限らない、というのが難しいところなんですよね。

世の中思い通りにいかないものです。

一体何が問題になるのかというと、今まで使ってきた2DCADの経験そのものが問題になるんです。

もう少し具体的に言うと、既に2DCADを知っているという経験が邪魔をして、Revit(レビット)を覚えにくい

あまり具体的ではない気もしますけど、まあそういうことです。

これは、私自身もそうした傾向にあったことから、恐らくかなりの方が同じ経験をするのではないかと感じています。

しかも、今まで使っていた2DCADに熟練していればいるほど、その傾向は強くなっていくはずです。

人間の頭は固くて困りますね。

■比較してしまうことで

今まで使ってきた2DCADの経験が問題になって、Revit(レビット)を覚える障害になる。

その原因はやはり「慣れ」と「愛着」です。

どちらも似たような意味の言葉かも知れませんけど、そうした経験と感情がRevit(レビット)を覚えることを邪魔する訳です。

今までずっと使って慣れてきた2DCADがある。

これは非常に素晴らしい事なんですけど、慣れているCADがある分だけ、慣れていないCADを使うことに大きな抵抗を感じやすいです。

人間は基本的に変化を嫌う生き物ですから、そうした心理が働くのは仕方がないとは思うんですけど……

これからRevit(レビット)を覚えようという場合に、そうした2DCADの経験が必ずしも有効とは言えないんです。

Revit(レビット)は様々な機能を持った3DCADですが、全ての機能をパーフェクトに持っている訳ではありません。

もちろん2DCADであっても、パーフェクトな機能をもったCADなどあるはずはないですけども……

とは言っても、比較的歴史の浅い3DCADに比べれば、やはり2DCADの方が洗練されているというのは間違いのない事実です。

ここが非常に大きなポイント。

Revit(レビット)を覚えようとする際に、どうしても今まで使っていた2DCADと比べてしまうんですよね。

今まで使ってきたCADにはあったのに、Revit(レビット)のはこの機能がなくて不便だ、とか。

2DCADの経験がRevit(レビット)を覚えることを邪魔する、というのはそういう意味なんです。

 

このページの先頭へ