まずは違いを知るところから

これから覚えようとしているRevit(レビット)と、今までプロとして使ってきた2DCAD。

慣れている2DCADの方が便利に感じてしまうのは無理もないことで、それが自分の手と同じくらい慣れていればなおさらです。

もちろん今現在そうした手慣れたCADがあるというのは、プロとして素晴らしいことだと思います。

私も当然、このCADなら誰よりも知っている、と思うくらい手の内に入れているCADを持っています。

「手の内に入れる」とか、ちょと表現が古いか……

しかしそうした慣れと愛着が、Revit(レビット)という新しいモノに挑戦する為の障害となる場合もあるんです。

新しいモノに挑戦をする際には、頭の中に出来るだけ空きスペースを作っておいた方が良い。

でも、経験を積めば積むほどそうした経験が頭に詰まってしまうので、空きスペースを作りにくい傾向にあります。

そうなると、新しいことが身に付くまでに結構時間がかかってしまう。

もしかしたら、結局身に付かないで終わってしまう、という場合もあるかも知れません。

そうならない為に、まずは今まで使ってきた2DCADへのこだわりを捨てることをお勧めします。


■機能はそれほど変わらない

もちろん、ほとんどの方は仕事でRevit(レビット)を覚えようとしているはずです。

趣味でこんなに高いソフトを買う人はいないですから。

実際は仕事で使う訳ですから、結局身に付かないで終わる、というようなことは許されませんよね。

でも、何とか操作が出来るだけで、自由自在に動かすことが出来ない状態でも、何とか仕事は出来ます。

非常に作業効率は悪いですけど。

そして、そうした状態からそれ以上進歩しない状態を「身に付かない」という表現にしている訳です。

Revit(レビット)と、例えば代表的な2DCADであるオートキャド(AutoCAD)。

オートキャド(AutoCAD)の方が歴史が長い分だけ、洗練された機能を持っている場合が多いかも知れませんけど……

単純に「出来ること」だけを比較すると、Revit(レビット)もそれほど遜色のない機能を持っているんです。

でも、今まで使っていた2DCADに熟練していればいる程、慣れている方を優れていると思ってしまう。

Revit(レビット)は全然便利じゃないな、という評価になってしまうことになる訳です。

■Revit(レビット)を覚える為に

仕事で使うツールに対して「全然便利じゃない」とか思いながら、そのソフトを使うのはキツイです。

そんな後ろ向きな状態では、新しい発見も何もないですよね。

それではせっかくの3DCADが勿体ないので、やっぱりそんな状態は克服していく必要があるんじゃないか。

そんなことを私は考えています。

だからこのカテゴリでは、2DCADとRevit(レビット)の大きな違いについて色々と説明をしていこうとしてます。

Revit(レビット)が用意している機能と、2DCADにある機能の違いはどんなところにあるか、とか。

全く同じ機能を持っていると思うからこそ、ユーザーとしてお互いを比べてしまったりする訳です。

そうして2DCADをベースにして比較をして、Revit(レビット)が物足りないとか思ったりする。

それではなかなか進歩もしませんので、まずはお互いの違いを知ることから始めてみましょう。

根本的な考え方が違う、ということを理解出来れば、覚える際にそれほど抵抗もないはず。

そんなスタンスで色々と書いていく訳ですが……

まずは、Revit(レビット)が2DCADに比べてどんな特徴を持っているのか。

これについて色々と書いていきたいと考えています。

 

このページの先頭へ