覚えるのに苦労する要因

今まで2DCADを使いこなして仕事をしてきた方にとっても、3DCADであるRevit(レビット)はなかなか手強い存在です。

少なくとも私の場合はかなり苦労をして覚えました。

やっと覚えた今でも、オートキャド(AutoCAD)並に使えるとはちょっと言いにくい状況ですけど。

だけど、どうやら私だけが圧倒的に覚えが悪い、という訳でもなさそうな感じもしています。

最初は全然操作がおぼつかない状態で、私だけがどうしようもなくダメなのかと心配したものですけど……

まわりを見渡してみると、覚えるのに苦労をしているのは私だけではありませんでした。

「みんなそうなんだ」という感じで、ちょっと安心……して良いのかどうか、正直言って微妙なところではあります。

もっと高いレベルを目指すべきなのに、覚えるのに苦労をしている人をみて安心して良いのか、という気持ちですよね。

ただ、2DCADより難しいというのは間違いのない事実ではないか、というのが私の正直な感想でもあったり。

これは私が実際に覚えた過程で感じたことで、他の人の苦労を見ても、それほど間違ってはいないはず。

まだまだ脳が老け込む年ではないんですけど、最初にオートキャド(AutoCAD)を覚えた時とはちょっと勝手が違う。

Revit(レビット)を覚える為に苦労をした段階で、そうした感触をはっきりと味わいました。

いつまでも若い時のまま、興味のあることがそのまますんなりと頭に入っていく訳ではないんですよね。


■覚えるべき要素の数

2DCADではX軸とY軸という平面情報だけを気にしていれば良くて、それで図面をどんどん書くことが出来ました。

シンプルと言えばシンプルですよね。

でも3DCADであるRevit(レビット)は、平面情報に追加してZ軸という概念が存在します。

しかも、単純な線とか文字で構成される図面ではなく、それぞれがパラメータをもった部材として扱われる。

まあこのあたりの話はもう少し後で、個別に詳しくやっていこうと思っているので、ここでは簡単に流してしまいますが。

そういう要素があるせいで、オートキャド(AutoCAD)に比べると覚えるのが大変、ということになる訳です。

私がRevit(レビット)をなかなか覚えられなかったことについて、ここで言い訳しても仕方がないんですけど……

とにかく、覚えるべき要素は多い、ということだけは確実だと思います。

こういう苦労をすると、やっぱり年齢とか頭の柔軟性とかをどうしても考えてしまいますね。

いつまでこうして実際にCADを操作してメシを食っていけるのか、というあたりの話とかを色々。

そんなのはもう少し先の話であって欲しいですけど。

■別のCADとの大きな違い

さて、話が少し別の方向に進みそうでしたが、そんなしんみりとした話はさておき……

一般的な話をすると、何か1つのCADに精通していれば、別のCADを覚えるのは割と楽なことが多いです。

操作のやり方や基本的な概念、持っている機能など、別のCADであっても全く違うことはあまりないから。

○○CADにあった○○機能のことです、という感じで、そこそこスムーズに覚えていく頃が出来る訳です。

新しく覚える側のCADが、恐ろしいくらい使いにくいCADであれば別ですけど、そんなことは今時あまりないでしょう。

でも、そうした一般的な話がなかなか通用しないのがRevit(レビット)の難しいところです。

その原因は、やはりRevit(レビット)が3DCADである、という部分にあるんじゃないかと思います。

3DCAD特有の動きというか、独特の考え方だとか。

基本的な概念が大きく違ってしまうと、別のCADを知っているメリットが全然なくなってしまいます。

というか、むしろ覚えているCADの経験が邪魔をして、Revit(レビット)の操作が素直に入ってこない。

そんな状態になることも多いです。

だから、Revit(レビット)を覚えるより先に、まずはその「違い」を知っておく必要があるんです。

 

このページの先頭へ