最初から戸惑うRevit

Revit(レビット)と2DCADの違いということで、今回は「どうやって教えるかの違い」を考えてみたいと思います。

CADの種類によって教え方の違いなんてあるのか、と思われるかも知れませんけど、確かにあるんです。

少なくとも、私が今まで経験してきた中では、ですけど。


■オートキャド(AutoCAD)を説明する場合

私はまだ仕事でオートキャド(AutoCAD)を使っていて、操作のやり方を説明する機会も時々あります。

その場合、まあこれは相手にもよりますけど、大抵の人には「まず実際に操作してみましょう」と言っています。

操作してみないことには、何が分からないのかが分からない、というのが私の基本的なスタンスです。

実際に操作している人が、心から「どうやるんだろう」という疑問が出なければ、それに対する回答もありませんから。

まあその方が私が楽、という理由もある訳ですけど……

それでも、これからオートキャド(AutoCAD)を覚えるのは私ではないので、覚える人が苦労をした方が良いんです。

「これはどうやって操作すれば良いのか」みたいな疑問が、実際に操作をしてみて出るようなら、多分脈はあると思います。

実際にやってみた際に出た疑問と、それに対するプロからの回答。

それを何度も繰り返すことによって、教わる側のスキルはあっという間に高くなっていきます。

これは今まで何度も経験してきたことですから、恐らく間違ったやり方ではないと思っています。

テキストに沿って丁寧に教えていくやり方もあるとは思いますけど、それでは時間がかかりすぎるので、私はあまり好きではありません。

もちろん、もっと効率の良い別のやり方があるかも知れない、ということは充分に承知しています。

でも、少なくとも私はそんな説明方法をとっています。

■Revit(レビット)の場合

実際に自分で操作してもらいながら教えるスタイルのオートキャド(AutoCAD)に対して、Revit(レビット)はどうか。

これが結構悩ましいんですよね。

少なくともRevit(レビット)に限って言えば、私はこれから教えようとしている相手に「まず操作してみましょう」とは言えません。

まあ言うだけなら簡単なんですけど、今までの経験からすると、あまり有効ではなかったという気がしています。

実際に操作をしてみて、そこから出る疑問を解決していくやり方が、早く覚えるには有効だと思っていても、です。

実際にRevit(レビット)を教える際に、オートキャド(AutoCAD)の時と同じスタイルでやってみたこともあります。

というか、最初は今までと同じようなやり方をしていたので、自然とそうしたやり方になった訳ですが。

Revit(レビット)操作をしながら、操作に躓いたところをひとつずつ解決していくやり方をすると……

あまりにも分からないことが多すぎて、全然先に進まないまま、時間だけが過ぎていってしまうことが多かった。

半日操作してみたものの、訳が分からなくて質問すら出来ない状態です。

もちろん個人差があるとは思いますけど、何回かそんな経験をした後は、やり方を変えざるを得ないと思うようになりました。

これは、教える側である私の知識不足が原因かも知れませんけど。

まず最初に、ある程度の「Revit(レビット)はこんな感じの3DCADです」みたいなことを覚えてから、実際に使ってみる。

Revit(レビット)に関しては、そんな手順で教えるのが良いんじゃないかと思っています。

まあ結局知識を蓄えたとしても、操作をしてみたらかなり序盤で躓いてしまうことになるはずです。

それでも、何の知識も先入観も持たずに操作を始めるのは、あまり効率が良くないんじゃないか、という感触でした。

まずはRevit(レビット)の基本的な概念を掴んでおくこと。

そして、どのあたりに注意をして覚えていけば良いのかを、漠然とでも良いので知っておくこと。

そうした事前の知識があった方が、結局は早く覚えることが出来るんじゃないかなと思う訳です。

 

このページの先頭へ