平面だけの情報だとどうなるか

2DCADの代表であるオートキャド(AutoCAD)などに比べ、Revit(レビット)は多くの機能というか設定を持っています。

だから初心者の方に「まずは自分で好き勝手に操作をしてみましょう」と言っても、なかなか出来ないという問題があります。

言う方としてはその方が全然簡単なので、そういうやり方で覚えて欲しいところではあるんですけど……

まずは一通りの説明をして、一緒に操作をしながら教えた方が、結局は効率が良いような気がしています。

Revit(レビット)の操作を教えるのは、早く覚えて戦力になって欲しいという目的があるから。

そこのレベルに達するのに時間がかかるようだと、教える側としても困るので、出来るだけ効率の良いやり方を選びたいところです。

とは言え、なかなか2DCADとは勝手が違うRevit(レビット)には、結構苦しめられるかも知れません。

と言うことで、今回からはそうした苦労が出来るだけ少なくなるように、Revit(レビット)の特徴について書いていこうと思っています。

何回か前に書いたように、一般的な2DCADと比較しながら話を進めていくつもりです。


■違いを知ると言うこと

Revit(レビット)の根本的な考え方は、オートキャド(AutoCAD)などの一般的な2DCADとは結構違います。

まずはその違いを認識しておいて、それから実際に使ってみるのが良いんじゃないかと思っています。

ただし考え方が違っているとは言ってもCADですから、そこにはきちんとしたルールが存在しています。

そのルールが少し違うだけですが、その違いが大きいんですよね。

今まで2DCADを使っている方であれば、今までのルールに慣れていることが原因で、少し馴染むのに時間がかかるかも知れません。

でも、違いを理解することが出来れば、後はそのルールに従って使いこなしていくだけの話。

何も難しい話ではないですよね。

ここではまずRevit(レビット)がどんな特徴を持っていて、どのあたりが2DCADとは違うのか。

これをしっかりと掴むところから始めてみましょう。

■2DCADでの高さ情報設定

まずは基本的すぎる話からスタートしますけど、Revit(レビット)は3DCADと呼ばれるCADです。

だから、横方向の寸法、縦方向の寸法という2D要素にプラスして、高さ方向の寸法という概念を持っています。

当たり前の話ではありますけど、まずはそこが最も重要な部分でもあるので、ここは正攻法で進みましょう。

オートキャド(AutoCAD)を使う場合でも、きちんとX・Y・Zの座標を持っていますから、あまり変わらないような気もします。

でもオートキャド(AutoCAD)では、作図する側が意識して設定をしない限り、Z=0座標のまま全ての要素が作図されます

要するに、高さ方向の寸法がないまま、単なる平面情報として図面が取り扱われることになる訳です。

と、そんな考え方だけの話では分かりにくいので、ここでちょっと実例を挙げてみると……

例えばオートキャド(AutoCAD)を使って、以下のような図面を作図したとします。

 

サンプル平面図

 

この図面は、何もない空間に通り芯を引いて、壁とかサッシュとかを表現して、最後に文字と寸法を記入したものです。

あまり時間を掛けたくなかったので、かなりシンプルな図面になっていますけど、まあそれはそれ。

作図する建物の規模が小さくても、作図の基本的なルールが変わることはありませんから。

上記の図面は特に高さ方向について意識しないで作図をしましたから、高さ=0の状態で作図された事になります。

だから、3Dビューにしてみるとこんな状態に。

 

斜めから見たところ

 

当たり前ですけど、斜めから見るとペラペラの状態ですよね。

次にRevit(レビット)だとどうなるか、ですけど、少し長くなってしまったので次回に続きます。

 

このページの先頭へ