3DCADと2DCADの概念

Revit(レビット)という3DCADを使う際には、高さ情報を考えながら作図をすることが求められます。

部材の高さを与えながら作図していき、コンピュータ上に実際の建物を構築していく訳です。

オートキャド(AutoCAD)などの2DCADでは、図面を作図する作業をそのまま「製図」と呼びます。

英語で言えば drawing で、要するに「製図」などの意味を持った作業ということになります。

しかしRevit(レビット)では、 drawing というよりも modeling と呼ぶことの方が多いです。

modeling という単語はカタカナで「モデリング」であり、「造形」などの意味を持った言葉です。

実際にRevit(レビット)を操作しているとよく分かりますが、やっていることは確かに図面を描く行為とは少し違う感じ。

3D情報を持った部材を組み合わせていくという作業は、図面を描いているという感覚とは言えないかも知れません。

今回はそうした3Dモデリングと、2DCADで図面を描く際に高さはどう扱っていくかについて考えてみます。


■モデリングと製図の違い

3DCADでは図面を「製図」する感覚とは少し違って、「モデリング=造形」と呼んだ方がしっくりと来る。

これがオートキャド(AutoCAD)をはじめとする2DCADと大きく違うところです。

ということは……

3Dモデリングをした後で、CADとして図面をまとめる為には、さらに製図作業が必要になる、と言うことを意味しています。

Revit(レビット)では、モデリングと製図の意味合いが違う、という部分がかなり困るんです。

3Dモデリングが完了しても、2DCADと同じような感覚で、寸法などが入っている訳ではない、というところが。

と、モデリングに関してはそんな困った話もありますが、それはもう少し後でじっくりと書くことにします。

それよりも先に、まずは前回書いた内容をしっかりと頭に入れておくことにしましょう。

3DCADであるRevit(レビット)は、高さ情報を持っている為、高さを考えながらモデリングをする必要がある。

という事実を。

■2DCADだからといって……

ただしここで注意しておきたい点があります。

2DCADを使っているからと言っても、高さ情報を何も考えずに作図をしている訳ではない、ということ。

これは少し勘違いしてしまいそうなことですから、ここできちんと書いておきたいと思います。

オートキャド(AutoCAD)を使って図面を描く際には、前回の画像でも示したように、斜めからみたらペラペラの状態で作図をします。

 

2DCADでの3Dビュー

 

でも、例え上記のような状況で作図をしたとしても、作図をする側は高さ方向のこともしっかりと考えているんです。

ただCADの設定として高さ情報を持たせていないだけで。

作図をしている人の脳内には、高さ情報を持った建物の状態がイメージされているはずです。

もちろん作図をする人によってその程度は違ってきますけど、全く高さを意識しないで図面を描く人なんていません。

もしいるとしたら、まだ図面を作図する為のスキルが不足している、初心者の方くらいだと思います。

では、せっかく高さイメージした状態で作図をしているのに、CADでそれを表現しないのはなぜか。

これはオートキャド(AutoCAD)がそうした機能に特化していないという理由もあります。

でもそれ以上に「そこまでCADとして情報を持たせておく必要がない」という理由の方が大きいんです。

なにも全ての要素に高さ情報を与えなくても、図面としてきちんと役割を果たすことが出来る。

そうであれば、わざわざ手間を掛けて高さ情報をCAD側に持たせておく必要はないですから。

 

このページの先頭へ