シンプルな概念の代償として

2DCADでは特に高さ情報を意識しなくても、線を組み合わせてどんどん製図を進めることが出来ます。

だからと言って、高さ情報を意識していない訳ではなく、きちんと考えて作図をしていますが……

結局は製図をする人の頭の中でしかそうした高さ情報は展開されず、図面にその情報が全て盛り込まれる訳ではありません。

高さ情報を入力する項目があるRevit(レビット)との大きな違いは、そのあたりにある訳です。

このあたりの話が前回の主旨でした。

今回はオートキャド(AutoCAD)などの2DCADで作図をする場合の特徴について考えてみます。

その後で、Revit(レビット)の特徴と比較をしてみますが、まずは2DCADの特徴を調べてみましょう。


■製図のスピードを考える

Revit(レビット)に比べると、オートキャド(AutoCAD)などの2DCADは製図のスピードが速いです。

当然これは製図をする人のスキルによって変わります。

CADの操作スキルと、作図する図面の内容についてどの程度の知識を持っているかによって、スピードは大きく変わります。

特に建築などの専門知識が違うと、作図のスピードは劇的に変わります。

が、余程のスキル差がない限りは、基本的に2DCADで作図した方がスピードが速い、という事実は変わりません。

シンプルに考えることが可能な2DCADの方が、基本的にやるべき事が少ないので、作図スピードは早い傾向にある。

理由はそのあたりにあります。

逆に言えば、Revit(レビット)は高さ情報を全て盛り込む必要がある為、時間がかかる。

もしくは、時間がかかりすぎる、ということです。

遊びであれば関係ありませんけど、仕事では「時間がかかる=お金がかかる」という考え方が成り立ちます。

なので、Revit(レビット)はお金がかかるCADというイメージを持たれている場合が多い。

これは私が今までRevit(レビット)を使って仕事をしてきた中で、実感として感じることでもあります。

だからほぼ間違いなく事実なので、そんなことはありませんとは絶対に言えないんですよね。

もちろん時間とお金がかかる分、良いところもある訳ですけど、それがコストに見合っているかが問題なんです。

オートキャド(AutoCAD)などの2DCADで製図をした際には、シンプルな分だけどんな問題があるのか。

それをこれから考えてみることにします。

■不整合との戦い

2DCADのやり方はシンプルでなおかつ早い。

そうした特徴がある訳ですけど、何もシンプルなことがベストである訳ではなくて、そこにはデメリットも当然あります。

シンプルな平面情報を作図する訳ですけど、作図した図面は平面情報のまま終わってしまう、という欠点があるんです。

要するに「他の図面と連動しない」ということ。

これは2DCADの大きな特徴であり、それと同時に、2DCADの大きな欠点でもあります。

2DCADでは、平面で作図した壁の位置を動かしても、断面図で作図した壁は全く別の線ですから、動くことは当然ありません。

2DCADで作図した壁は、「壁ですよ」という前提で引かれているけれど、あくまでも線でしかない。

だからその線分を移動したからといって、断面図の線が連動するはずがないのは当然のことですよね。

シンプルで早いという2DCAD特徴は、他の部分と連動しないという特徴とセットになっているんです。

ちょうどコインの表と裏のような関係で。

平面と断面が連動しないと、実際の業務ではどういうことになるのか、という話を次回改めて考えてみます。

 

このページの先頭へ