図面の整合をとる作業の重要性

平面図で作図した壁の位置を移動すると、断面図で表現されている壁の位置も移動される。

これが3DCADであるRevit(レビット)が持つ特徴で、高い整合性を持った図面を描くことが出来ます。

今までの2DCADでは、整合性を保つ為に人の力を注ぎ込んでいましたが、それをRevit(レビット)が代行してくれる訳です。

少し昔から考えると、もう夢のような話ですよね。

こういう「これを動かしたらこちらも必ず動く」みたいなルールを守るのは、人間よりもコンピュータの方が優れています。

人間は基本的に同じ事を完璧に繰り返すことが苦手で、繰り返す回数が増えれば増える程、ミスが多くなりますから。

でもコンピュータは、たとえ同じ処理を1000回繰り返しても、飽きることなく正確に処理を続けることが出来る。

こうした特徴を上手に使って、出来るだけ単純作業に人間の労力を費やさないようにしたいものです。


■図面の整合性がどれだけ重要か

それぞれの図面がきちんと整合されているというのは、図面としては当たり前の話ではあります。

平面図に書かれている壁と、断面図で見えている壁の情報がいちいち違っていたら、図面を見る側としては困りますよね。

どっちが正解なのか、というのを毎回質疑するのも面倒ですから。

基本的には図面一式の中で整合が取れているというのは、プロがまとめる図面としては当然のこと。

だから、そんな当たり前のことを実行してくれる機能の何が有り難いのか、と思う方がいるかも知れません。

しかし……そういう意見を指して「机上の空論」と呼ぶのだと思います。

理想と現実は違うもので、理想とする状態が分かっているからと言って、それを簡単に実行出来るとは限らないんです。

そのあたりの話は、実際に仕事で設計図をまとめている方であれば、きっと自身の体験からよく分かるはずです。

それを理解せず「何をそんな当たり前のことを……」と感じる方は、実務についてあまり経験がない方。

あるいは非常に優秀で、図面の整合性を自分でごく当たり前のこととして処理している方。

そのどちらかだと思います。

大部分の方はきっとそうではなく、時間的制約だとか人的ミスだとかで、図面の不整合に悩まされているはず。

そんな方には、Revit(レビット)が持っている高い整合性が、きっと役に立つんじゃないかと思います。

■具体的にはどういうことか

ひとつの建物を設計する際には、平面図や断面図だけでは済まなくて、本当に大量の図面が必要になります。

・特記仕様書

・外部、内部仕上表

・建具表、建具キープラン

・各所詳細図

上記に挙げたのはほんの一例で、建物のあらゆる部分を考える為には、平面図だけでは全然足りない。

そして、考えた結果を表現する為には、やっぱりたくさんの図面を描いていく必要がある訳です。

そんな大量の図面を、きちんと整合をとりながらまとめていくのは「至難の業」と言っても過言ではありません。

だからこそ、Revit(レビット)が持っている機能を使ってそれを実現することをお勧めする訳ですが……

図面の整合性を難なく処理出来るような優秀な方は、Revit(レビット)を使わなくても大丈夫だと思います。

2DCAD、例えばオートキャド(AutoCAD)を使っても、きちんと整合された図面をまとめることが出来ますから。

でも、全ての図面を通じて整合性をとる為に時間をかけるより、CADに任せた方が効率が良いと思いませんか?

Revit(レビット)の機能として用意されているのなら、上手に活用した方が良いと私は思っています。

 

このページの先頭へ