3Dモデリングをすることの効果

Revit(レビット)には、図面の整合性を高いレベルに保つ為に必要な機能が用意されています。

それを上手に活用して、今までマンパワーと時間を掛けていた作業を、Revit(レビット)にやってもらいたい。

前回はそんな話をしてきました。

ただ、Revit(レビット)がそうした特徴を持っているからと言って、オートキャド(AutoCAD)で出来ない訳ではなく……

もちろんオートキャド(AutoCAD)を使っている場合でも、高いレベルで図面の整合性を保つことは可能です。

ちょっと大変な作業になるかも知れませんが、それも実際にCADを動かす人のスキルにかかっている。

改めて書くと、ちょっと当たり前すぎて身も蓋もないですね。


■簡単に整合を取れる方は

オートキャド(AutoCAD)などの2DCADを使っても、きちんと整合性のある図面を一式まとめることが出来ます。

図面関連のスキルが高い人がやれば、という結構難しい条件が付くかも知れませんけど。

手間を掛ければある程度の事は実現出来る訳ですから、まあ当然と言えば当然のことではあります。

ただし、それが簡単に出来るような優秀な方は、きっとそれだけの仕事に専念することは出来ないはず。

これが難しいところなんですよね。

会社という組織は、そういう出来る人を見つけると、その人により多くの仕事を任せたいと考えるんですよね。

その人が簡単に実行出来るような仕事では、能力をフルに発揮出来ないから勿体ないと考える。

仕事は基本的に、楽に処理出来ることだけを任されることはなく、本人にとって実行が困難なことを任される傾向にある。

まあ、だからこそ会社として利益を出すことが出来る訳で、会社から報酬を受けとる側としては文句を言えませんけどね。

だから図面の整合性を簡単に保てる人は、それを他の人にやらせる立場になるとか、そういう状態になる事が多いと思います。

もちろんそれだけではなく、上司との相性などのメンドクサイ話もある訳ですけど、それはここで書くことではないので省略。

■整合性にも条件はある

Revit(レビット)が持っているメリットのひとつ、きちんと整合された図面を描けるという機能。

これは非常に魅力的な機能で、2DCADにはない機能だということは、今まで何度か書いてきました。

なぜそんなことが出来るのかというと、やはり3D情報でモデリングをしているから。

そして、例えば壁をきちんと「壁」で、床は「床」という要素でモデリングをしているから。

このあたりの話は、整合性について色々説明した後で、もう少し詳しくやっていこうと思っています。

こうした3Dモデリング要素が連動するのは、理屈を考えてみると当然のことだということが分かります。

平面図で表現されている壁と、断面図で表現されている壁は、Revit(レビット)上では全く同じデータです。

3Dモデリングされたデータですからこれは当たり前ですけど、ここが非常に重要なポイントです。

だから「平面図に壁を作図した」というよりも、「3Dモデリングした壁が平面図で見えてくる」という感覚になる訳です。

これは断面図でも同じ話。

これがオートキャド(AutoCAD)などの2DCADとRevit(レビット)の、決定的に違う部分です。

平面図の壁を移動したら断面図でも移動しているのは当然というか、その表現自体が根本的に違うんですよね。

3Dモデリングした壁を移動したから、その壁が表現されている平面図と断面図が更新された。

そんなイメージです。

ただし……

実際に操作して経験してみると、連動するのはモデリングした要素だけであることに気が付きます。

その他の注釈要素、例えば壁芯とか寸法などは平面図と断面図とで全く別物、という問題があるんです。

この「3Dモデリングと図面化する作業は全く別のもの」という話は、別のカテゴリで詳しく説明します。

この「図面化」が便利なら、Revit(レビット)は最高の3DCADなんですけどね。

 

このページの先頭へ