表現方法の大きな違い

Revit(レビット)は3DCADであり、その特徴として高さ情報をきちんとデータとして持っている。

そして、平面と断面で見えている壁は同じデータである為、移動をした際には平面図でも立面図でも移動される。

今まで書いてきたRevit(レビット)のメリットというのは、簡単に書くとこのようなものになります。

ただし、これは良いところだけを書いたものです。

この世の中、良いところだけを持っている人など多分いませんし、それはCADであっても同じ。

これらの良い部分を実現する為に、Revit(レビット)が手放さなければならなかった機能もある訳です。

このあたりの話をすると、きっとかなり長くなってしまうはずで、これはまた別のカテゴリで書くつもりでいます。

今回はそんなRevit(レビット)の特徴として「要素」という概念を持ったCAD、という部分を考えてみたいと思います。


■単なる線と「要素」の違い

まずは何もない空間からスタートして、線を引いて図面を作成していき、文字や寸法を入力していく。

CADを使って図面を描く際には、そんな手順で図面を完成品として仕上げていくことになります。

図面を描くことでゴハンを食べている人であれば、もうこの作業を幾度となく繰り返しているはず。

また、今まで作図した図面データをベースにして作図を開始することも、かなりの割合であります。

建築図面で必ず出てくる「通り芯」とか「建具」などは、建物が変わってもあまり変わることはありません。

だから、毎回扉の形状を作成するよりも、既に作ってあるデータをコピーしてきた方が早いんです。

こうした「手軽にコピーが出来る」ことこそが、CADを使って図面を描く最大のメリット。

そういう意味では、まったくゼロの状態から作図を開始することは、逆に稀なことかも知れません。

ただしそのあたりを考えていくと話が非常にややこしくなるので、今回は考えないことにして……

ただシンプルに「線を引いて、文字を記入し、寸法を記入して図面を完成させる」という手順だけに注目をします。

これらの手順はどんなCADでもほぼ同じですから。

■手描きの代行手段としてのCAD

CADを使って図面を作図する為の手順は、基本的にどんなCADであっても変わることはありません。

それがオートキャド(AutoCAD)であっても、Revit(レビット)であっても、です。

ただし……

この「線を引いて」という部分が、オートキャド(AutoCAD)とRevit(レビット)では大きく違います。

かなり前置きが長くなってしまいましたが、今回お伝えしたかったのはこのあたりの話なんです。

その違いというのは、具体的にはどこにあるのか。

オートキャド(AutoCAD)では、壁を単純に「線分」として表現をしていきます。

あくまでも紙に印刷した際に、「この線は壁を表現している」ということが図面を見る人に伝われば良い。

だから特に変わったことをしないで、線を引いて壁を表現していけばそれでOK、という考え方です。

人の手で図面を描いていた時代と同じで、手で線を引く行為をコンピュータが代わりにやってもらう、というものです。

もちろん手で図面を描いていた時代に比べて、CADを使うことによって非常に便利になった訳ですが……

それでも基本的な概念はそれほど変化はなく、人の手でやっていた作業の代行をCADがやるという話。

しかしRevit(レビット)では、今まで何度か書いてきたと思いますが、壁をそのまま「壁」としてモデリングしていきます。

そうして配置した壁が、平面図として表現した切断面で見えてくる、という考え方になります。

この違いは非常に大きくて、また重要な要素でもあるので、今まで何度も書いてきました。

次回はもう少し具体的に、絵を交えて説明を続けたいと思います。

 

このページの先頭へ