Revit(レビット)でのモデリング例

2DCADと3DCADの違いというテーマで、前回はオートキャド(AutoCAD)で図面を描くイメージについて話をしてきました。

イメージということなので、いくつかの画像を交えながら、割と具体的な内容で説明をしたつもりです。

線を引いて図面を構成していくという2DCADのイメージは、何となくでも掴めたでしょうか。

例え斜めから見ると高さがないペラペラの状態であっても、図面としての表現はそれで充分なんです。

必要のない無駄を省くというのは、まあつまらない話ですけど、仕事の鉄則ではあります。

なので、図面として表現する為に必要な情報だけを入れ込む、というやり方は合理的と言えるでしょう。

さて、その一方でRevit(レビット)はどんな感じで作図をしていくのか、というのが今回のテーマです。


■単なる線は存在出来るか

Revit(レビット)の特徴である「壁などの属性を持ったオブジェクトを配置して、コンピュータの中に建物を建てる」という概念。

線を何本も引いて図面を描いていく、という2DCADに比べると、かなり違う考え方ではないかと思います。

特に2DCADに慣れている方には、戸惑うことばかりになるかも知れないくらい大きな違いです。

私も最初は慣れなくて、なかなか馴染むことが出来ませんでした。

Revit(レビット)は3DCADですから、単なる1本の線という考え方が成り立たない。

これが私にとっては、非常に違和感を感じたポイントでした。

1本の線には高さや幅が存在しないから、3D空間上に存在することは基本的に難しいことなんですよね。

厚み0の壁が存在しないのと同じように、3DCADの空間に引く1本の線というのは存在しにくいもの。

まあRevit(レビット)では、単純な線分も3D空間上で存在出来るように「モデル線分」という機能がありますが……

実際にそれを使って図面を描くことはありません。

そんなことをするのなら、何もRevit(レビット)を使わなくても良いですからね。

■Revit(レビット)ではどうなのか

単純な線分で図面を構成しないのなら、Revit(レビット)ではどういうやり方をするのかというと……

「LGS65下地に石膏ボード12.5を2枚、両面貼りで高さが……」などを考えながら壁を配置していく。

これがRevit(レビット)というCADでモデリングをする大まかな流れになります。。

前回オートキャド(AutoCAD)で作図したサンプルと同じ図面を、Revit(レビット)でも描いてみるとこんな感じです。

 

Revit(レビット)の平面図

 

もちろん平面は全く同じですが、この建物にはきちんと高さを与えているので、斜めから見ても大丈夫。

 

Revit(レビット)の3Dビュー

 

中の間仕切りを見やすくする為に、ちょっと屋上の床を消してみると、こんな感じでモデリングされています。

 

上階スラブを消したところ

 

Revit(レビット)でモデリングをする、というイメージはこの画像で何となく掴めたでしょうか。

線を引いて図面を描く、という表現からは少し離れたイメージではないかと思っています。

操作の手順も結構違うので、最初はやっぱりかなり戸惑う事になるかも知れません。

ちなみに……

この建物は、元々べつのカテゴリで説明をする際に作成したもので、今回はそれを転用しました。

ただ、ちょっと私のミスで元々作成した記事が消えてしまっていて、まだ復旧が出来ていない状態なんです。

なので今回唐突にこの建物が登場した感じになっていますが、消えた記事は順番に復旧させていきますので、それまでしばらくお待ち下さい。

 

このページの先頭へ