モデリングと製図の違い

前回はRevit(レビット)でのモデリングをイメージする為、簡単なサンプルを用意してみました。

その前に紹介した、オートキャド(AutoCAD)の平面図と3Dビューに比べると、かなり分かりやすいですよね。

Revit(レビット)とオートキャド(AutoCAD)は色々と違う特徴を持っていますが、この「分かりやすさ」が大きな違いです。

図面のプロであれば平面図のみでも分かりますけど、建物を建てようとしている方が全員図面のプロではありません。

そういう場合には、やっぱり分かりやすい3Dビューが威力を発揮することになると思います。

私は建築のプロですから、本当は「3Dビューなんてなくても分かる」と言いたいところではあります。

でも、自分だけが分かっていても、それが相手に伝わらないと意味がない場合も多いんです。

そういうことを考えると、Revit(レビット)は使い方によっては非常に便利なツールになるんじゃないか。

そんなことを考えています。


■モデリング要素とその他の要素

線だけで構成する2DCADであれば、壁を表現する為に2本の線を引くことになります。

しかしRevit(レビット)で2本の線を引いたとしても、その線には厚みがない為、3D空間上では何もない状態になります。

今までそんな内容の説明をしてきた訳ですけど、それよりも以下の画像を見た方が話は早いかも知れません。

 

Revit(レビット)の平面ビュー

 

平面図で表現している通り芯や壁芯、寸法線や部屋名などの文字は、基本的に2DCADで作図するのと同じように入力しています。

要するに単純な線分を平面上に配置している状態。

だから、いくらそこに情報を入れ込んだとしても、3Dビューでは存在することが出来ないんです。

これを見ればよく分かります。

 

Revit(レビット)の3D平面ビュー

 

非常にシンプルですけど、これは3Dビューをちょうど真上から見たところを画像にしたもの。

3Dビューに表示されるのは、あくまでもモデリングした高さ情報を持った要素だけ、ということです。

だから室名も壁芯も寸法も表示されていないんです。

逆に考えると、単純に3Dモデリングで建物を構成しただけでは、決して図面として使うことが出来ない、という話に納得出来るはず。

Revit(レビット)で図面を作図するのには時間がかかりますが、その大きな理由はここにある訳です。

■結果として見えてくる線

Revit(レビット)の考え方では、建物を構成する要素として「単なる線」というのは基本的に存在しません。

だから建物を立体的に見るという目的がある3Dビューには、通り芯などが存在しないんです。

ではどんな線が存在するのかというと……

・壁を配置した際の断面線

・柱を配置した際の断面線

・建具を配置した際の断面線

他にも色々とありますが、ここでは考え方を示すだけなので全部を挙げることはしません。

Revit(レビット)では、単なる線ではなく「壁」とか「柱」などの属性を持った要素を構成していく。

これがオートキャド(AutoCAD)をはじめとした2DCADと、決定的に違う部分なんです。

この考え方が便利に感じる時と、全然そうでもない時があると思いますが、長所と短所を併せ持つのが「特徴」と呼ばれるもの。

だからある程度は慣れるしかない部分があると思います。

ちょっとこの説明だけでは伝わりにくいので、次回は実際の画面でもう少し詳しく説明をしてみます。

 

このページの先頭へ