3Dモデルから図面化の問題点

Revit(レビット)では、3Dモデリングデータから平断面や縦断面を作成し、そこに文字や寸法を入れて図面をまとめていきます。

3Dモデリングさえきちんとやっておけば、パースにも活用できるし数量も拾えるし、図面でも活用出来る。

もう良いことばかりの状態になって最高に便利!

というのがRevit(レビット)のコンセプトであり、目指しているレベルなのだと思います。

今まで使ってきた2DCADに比べると、Revit(レビット)というのは非常に可能性を感じさせるツールですよね。

少なくとも私はそう感じていますが、しかし……

最初からそんなに都合よく行くはずもなくて、現状では問題点が色々と出てくる状態でもあります。

図面として活用する際には「どこで断面を切るか」の融通が利かないから、図面の表現に苦労することが結構多い。

前回はそのあたりの問題点を紹介しましたが、今回はもう少し具体的に説明してみたいと思います。


■平面を作図する手順

3Dモデリングデータを元にして平断面図を、要するに平面図を作図する場合、まずは基準となるFLを選ぶところからスタートします。

1階平面図であれば、1FLを基準のレベルに設定するので、まずは1階平面というビューを開きます。

 

1階平面図の例

 

上図ではあらかじめ、平面図ではどの程度の高さで平断面とするか、どこまで見え掛かりで見せるかを設定しています。

これを変更するには、要素を何も選択していない状態で「プロパティ」に表示される「ビュー範囲」項目の「編集」をクリックします。

そうすると、ビュー範囲の設定をする為のダイアログボックスが出てきて、そこで数値を変えて調整することが出来る、という流れですね。

 

ビュー編集メニュー

 

今のところ、1FL+1500のレベルで建物を平面的に切断して、1FL±0まで見せている設定にしています。

一般的な平面図であれば、FL+1000付近で切断するのが図面の一般的なルール、まあお約束ですね。

 

■何が問題なのか

こうした平面図の作り方は極めてオーソドックスな考え方で、多分私が3DCADを作っても同じような機能にすると思います。

なので、FL+1500で切断して平面図を作図する、という流れ自体に大きな問題はありません。

問題はもう少し違う部分、「こうした表示の基本ルールには結構な数の例外がある」というところにあります。

例外というのは「実際にはもう少し上に配置されている要素だけど、図面としては表現する必要がある」というような場合を指します。

具体的な例を挙げると「平面では見えないような天井の段差だけど、平面図にも表現したいから点線で表現する」とかですね。

実際に図面を描いたことがある方であれば、そうした例外がどれくらいあるのかイメージ出来ますよね。

今までのように2DCADで作図をする場合には、「まあ厳密に言うと見えないけど、表現した方が良いだろう」ということが簡単に出来ました。

今までの2DCADでは、線と文字を使って自分で作図をしていく、というやり方が求められました。

だから、そうした例外は作図者の裁量によって、かなり簡単に実現することが可能だったんです。

しかしRevit(レビット)では平面図を作成する為に「どのレベルで切断してどのレベルまで見えるようにするか」を設定する必要があります。

設定出来るのは良いことというか、CAD側に作図者側の意図を伝える為に必要なことではあるんですけど……

CADできちんと設定された状況では、作図者の裁量で例外を作るのが難しい、という問題が出てしまうんです。

なかなか完璧な機能ってないよな、と思わせる問題点ですね。

 

このページの先頭へ