データ連携について考える

Revit(レビット)を使って設計図をまとめる際、実際の業務で問題になるのはどんなところなのか。

そんなテーマで今まで色々と書いてきましたが、とりあえず以下の項目の上3つについては少し詳しく説明することが出来ました。

・モデリングするデータは常に1つである

・CADとしての製図機能がまだまだ足りない

・どこで切ってどう見せるかの融通が利かない

・他のCADへの書き出しが綺麗に出来ない

まだまだ発展途上の3DCADですから問題があるのは当たり前で、文句ばっかり言っても先に進まないという話はあります。

ただ、問題点を抽出しないと解決もしないという事実もあるので、実際に業務で使っている側の意見として色々と書いている訳です。

本当なら、こうして問題点を提示した後で「こんなやり方をすれば完全に解決ですよ」と続きたいところですけど……

現実問題として本当に機能がない場合もあったりして、なかなか思うように図面化が出来ない、というのが現状ではないかと思います。


■バージョンアップで解決していく

しかしこうした問題点は、Revit(レビット)が新しいバージョンになっていく段階で、少しずつ解決していくものです。

かつて2DCADであるAutoCAD(オートキャド)がそうであったように、毎年少しずつ機能は増えて改善していきます。

ただそれは確かに事実だけれど、バージョンアップを待つのは時間がかかる、という大きな問題があります。

年単位で待つことなど、ビジネスをやっている以上、なかなか出来ることではないですよね。

もちろん大きな戦略というか、今後どうなっていくかを予想する上では、そうした3DCADの進歩は考慮すべきですが……

今実際にBIM(ビム)を実現するべくRevit(レビット)を使うのなら、そうした問題を踏まえて使うしかありません。

まあ当然の話ですよね。

この先少しずつ改善されていくであろう機能を待つことは出来ないので、現状ある機能でやりくりするしかない。

これはCADのプロに求められる厳しい現実ですが、まあ皆が同じような条件でやっているので、仕方がないことだと思ってます。

と、少し話が逸れてしまいました。

話を戻し、今回はRevit(レビット)の問題点について最後の項目、他のCADへの書き出しについて考えてみます。

 

■互換性について

世の中には様々な種類のCADがあって、それがどんな種類の図面かによって採用されるCADの種類は変わります。

単純に地図をトレースするだけで良いのなら、Revit(レビット)を使わずに2DCADで充分だし、その方が効率が良いです。

建物をモデリングしてパースを作るとか、それを数量拾いに使うとか、そうした目的があるならRevit(レビット)が良いかも知れません。

また、建物を実際に施工する段階で、例えばドアを工場で作る為に必要な図面ならば、恐らく2DCADで充分です。

機械や金属加工などを表現する為に、Inventor(インベンター)と呼ばれる3DCADもあります。

そうした状況から、Revit(レビット)で設計図をまとめた場合でも、他のCADで読める形式でデータを提供する機会は結構あるはずです。

例えばRevit(レビット)で作成した設計図を、2DCADであるAutoCADで読み込んだり。

Revit(レビット)で3Dモデリングしたデータを、別の3DCADで読み込んでみたり。

そうしたデータ連携は、恐らくどんなにCADの機能が進化したとしても、なくなることはないはずです。

Revit(レビット)が他の全てのCADを淘汰するようなことがあれば、データ変換する必要はなくなりますが……

まあ現実的な話ではないので、そのあたりのことは全然考えなくても良いんじゃないかと思います。

それぞれ得意分野を持ったCADが、お互いにデータを渡しあって省力化を図っていく、という方が自然ですから。

Revit(レビット)からデータを書き出す場合、具体的にどんな問題が起こってしまうのか。

ちょっと話が長くなってしまったので、これについては次回にもう少し詳しく書いて行きたいと思います。

 

このページの先頭へ