書き出された寸法の処理

Revit(レビット)から2DCADに書き出したデータは、細かい設定をしない限りなかなか思惑通りにはいきません。

書き出しされたデータを2DCADで開いて、パッと見ただけでも思ったような状態にならない事が多い……

ただしこれは、きちんと設定をすれば解決する話であって、特に大きな問題にはならないことです。

Revit(レビット)側にそうした機能が用意されていない、という話ではないですから。

そんな話を今までしてきましたが、今回は見た目よりも重要な部分、どんな状態で書き出されているかについて考えてみます。

色や画層などは書き出し設定を調整することで、ある程度綺麗に書き出されるようになります。

でも、見た目以外の要素はどうなるのか、というあたりの話ですね。


■色や画層より重要な要素

Revit(レビット)から書き出しをしたデータが、実際に2DCADでどのような扱いになっているか。

これは色とか線種など、画面を見ただけですぐに分かるような話ではなく、実際にデータを編集してみて分かることです。

何だこれ……ブロックになってるよ、みたいに、実際に2DCAD側で操作してみて分かること。

だから実際に2DCADを使っている方にしか分からない話で、Revit(レビット)側にはあまり関係ないかも知れません。

でも「どんな要素として書き出されるか」というのは、色とかの見た目以上に重要なことなんです。

操作画面も2DCADであるAutoCAD(オートキャド)だし、Revit(レビット)をどう使うか、という話とは直接絡みませんが……

データの受け渡しというのは仕事でCADを使う上で、非常に重要な話ですから、知識として持っておいた方が良いと思います。

Revit(レビット)を使うくらいスキルの高い方であれば、きっと2DCADのどれかはマスターしているはず。

そんな思いがあるので、今回はAutoCAD(オートキャド)でどうなるかを調べてみることにします。

 

■実際にどうなってるか

まずは書き出しされた平面図に見た目ですが、これは以前も紹介したように、ややカラフルな状態になっています。

 

書き出した状態

 

これ自体は設定出来る話なので、書き出したデータを印刷する場合を意識して、細かい設定を詰めていけば問題ありません。

それよりも大事なのが、AutoCAD(オートキャド)でどんな要素として認識されているか

これが問題です。

とりあえずAutoCAD(オートキャド)側でオブジェクト一式を選択してみると、このような内訳になっていることが分かります。

 

オートキャド(AutoCAD)側の要素

 

こうして全体を選んで要素の内訳を見るだけで分かることは幾つかあって、これが結構重要なことだったりします。

・寸法は寸法線の属性で書き出される

・文字はマルチテキストで書き出される

・建具などのファミリはブロックになっている

・壁は線分で書き出される

まず、寸法がそのまま寸法の属性を持って書き出されるというのは、非常に重要なことです。

そのまま寸法の属性を持っているというのはつまり、書き出した後で寸法押え位置を変えれば数値も変わるということです。

寸法線の取り扱いはCADの種類によって結構違うので、単純にブロックになっていて、変更できなかったりする場合もあるんです。

そうなると、書き出した後で修正する際には、寸法に見えるブロックを消してから新しく寸法を入力する、という作業が必要に。

言うまでもないことですけど、これがかなりの手間をとられる作業なので、寸法のまま変換されるのは非常に嬉しいことです。

これらの詳しい話については次回にもう少し書いてみることにします。

 

このページの先頭へ