BIM(ビム)を実現するCAD

BIM(ビム)の概念を実現するRevit(レビット)というCADで、一体どんなことが出来るのか。

そしてどんなことが出来ないのか、どんな問題点があるのか。

このカテゴリでは、このあたりの内容について、個人的な意見を含めて色々と書いていきたいと思っています。

本当は出来ることと出来ないこと、問題点などでカテゴリ分けして書いていきたいと思ってました。

でも実際に書いてみたら、それが結構難しいということが分かったので、とにかく色々と混ぜながらでもまずは書いてみます。

まとめるのはその後でも良いか……ということで。

まずは色々と情報を吐き出してみて、そこからいる情報とそうでない情報を分けていこうかな、と。

綺麗にまとめた内容を書こうとすると、結局書き出すことが出来ない状態になってしまいますからね。

とか、最初に「分かりにくくてスミマセン」みたいな逃げ口上を書いてしまいましたが、もちろん適当に書く訳ではありません。

ただ、色々と話が飛んだりする可能性はあるので、ある程度までは「まあ仕方がないか」と思って頂けると助かります。

ということで、まずはRevit(レビット)の現状について色々と書いていきたいと思います。


■BIM(ビム)の概念を実現するCAD

Revit(レビット)という3DCADが持っている、BIM(ビム)という概念を実現する為の機能。

この概念が実現すれば、建物を建てる際にCADが出来ることが大きく増えるのではないかと思っています。

これは建築業界とCADに携わる者として、どうなるのか本当に楽しみというのが正直な気持ちです。

BIM(ビム)の概念を実現させる、という目的地に向かって、Revit(レビット)をはじめとする3DCADが進化していく。

それをプロとしてリアルタイムに体感出来るということが、本当に楽しみなことだと感じています。

ただし……

これを書いている今現在は、まだ完全な形でBIM(ビム)の概念を実現しているCADはあまり存在しません。

というか、まだBIM(ビム)の概念は実現出来ていない、と言っても差し支えないくらいの状態かな。

まだ概念に機能が追いついていない、というのが今のところ最大の問題点じゃないかと思います。

BIM(ビム)という考え方は確かに素晴らしいけれども、それを実現するようなCADがまだまだ……

Revit(レビット)を含めて、まだBIM(ビム)を完全に実現するまでの域には達していない。

現状を簡単に表現すると、恐らくそんな感じになると思います。

■CADの機能だけであれば

ただし、BIM(ビム)の基本的な概念は間違った方向には行ってない、ということは確実に言えます。

概念は非常に良いけれども、単純にソフトの技術的な部分だけが問題になっている感じであれば……

それは恐らく我々が心配するような事ではなく、CADメーカーに頑張ってもらうしかないですよね。

それだけの問題であれば、致命的な問題ではないんじゃないか、と私はそう考えています。

余程高度な技術が必要ではない限り、Revit(レビット)の機能については時間が解決する話ですから。

CADの機能は基本的に少しずつ進歩していくもの。

毎年新しいバージョンが発売される度に、少しずつ便利になっていき、気が付いたらBIM(ビム)をしっかりと実現出来るCADになっている。

そんな状態になるのではないかと思っています。

例え今は不完全であっても、ゴールがどんな感じなのかが分かっていれば、そこに向かってジワジワと進んでいくだけです。

なので、まずはBIM(ビム)の考え方をしっかりと掴んでおき、それを完全に実現するCADを待つ。

そんなスタンスが良いんじゃないかと、個人的には思っています。

 

このページの先頭へ