手描きからCADへの変化と同じ

BIM(ビム)の概念を実現出来る3DCADが理想だけど、現状はまだ少し厳しい感じがしています。

しかしそれが技術的な問題だけであれば、恐らく時間が解決してくれるんじゃないか、というような話を前回はしました。

BIM(ビム)という考え方を問題なく実現出来る。

そんな理想的な3DCADの登場を待つ、という話もしましたが、もちろんただ待つだけではありません。

待つと言っても何もしないでただ待つのではなく、実際にRevit(レビット)を使いながら改善を待つ感じです。

実際に使っていないと、結局は理想的な3DCADが登場したとしても、そのCADをプロとして使うことは出来ませんから。

実際自分で使うことが出来ないのに、機能の評価だけをするという評論家みたいなことをしてもあまり意味がない。

なので、実際にプロとして触りながら、少しずつの改善を待つというのが理想的な流れじゃないかと思います。

そして、Revit(レビット)がBIM(ビム)の概念をきちんと実現出来るようなスペックを持った場合……

実際の建築業界にはどんな影響が出るのか、という部分を一度じっくりと考えてみたいと思います。


■手書きからCADに変わった時と同じ

仕事で使うツールが、オートキャド(AutoCAD)からRevit(レビット)に変わる。

これはやはり劇的な変化だと言えます。

ちょうど手描きが全盛だった時代に、CADという考え方が出始めたのと同じくらいに。

私は今こうしてRevit(レビット)とBIM(ビム)について解説をしていて、少しRevit(レビット)寄りの意見を持っていると思います。

しかしそれでも、Revit(レビット)が主流になるのはもう少し先じゃないかと思っています。

もう少し機能が充実しないと、実務で皆が使うのは厳しいんじゃないか、というのが正直な感想。

ただし、機能が充実したらもうあっという間に世代交代するだろうな、とも思っています。

そうした日が来ることを、プロとして楽しみにしています。

■今は想像出来ないけれど

手描きの時代からCADの時代に変わった時、図面に関する知識はあるけれど、CADを毛嫌いした人が結構いました。

これは私の想像でしかありませんが、そうした人は自分の手で作図する図面の内容に自信を持っていたのだと思います。

何だかよく分からないCADなんて使わなくても、早くて見映えの良い図面を書くことが出来る、と。

実際の話として、手描きのプロが作図した図面を見る機会が結構ありましたが、本当に綺麗で見やすい図面なんです。

図面には文字が多いんですけど、その文字も非常に美しい。

今はCADが綺麗なフォントで書いてくれるから助かりますけど、私は文字が美しく書けなくていつも苦労してました。

だから綺麗な文字の図面には強いあこがれを持っていたんです。

しかし、そうした高いスキルを持つ方であっても、CAD化の流れに逆らうことは難しかったと思います。

今は手描きの図面を見る機会はほとんど、というか全くない状態ですから。

CADを使うことが大前提になっている今は、担当するプロジェクトでCADを採用するかどうかを確認されることもありません。

手描きが主流だったころでは考えられないような状況が、今や当たり前の状況になっている訳です。

手描きから2DCADに、という話はそのまま、2DCADが3DCADに、という話に置き換える事が出来ます。

今の状況では、3DCADが主流になることを上手く想像出来ない方が多いかも知れません。

でもしばらくすれば、今2DCADが当たり前になっているのと同じように、3DCADが当たり前になる。

そんな気がしますが、いかがでしょうか。

 

このページの先頭へ