図面以外にも使い道がある

前回は、2DCADから3DCADへ移行していく段階で、プロが陥りやすい注意点について書いてみました。

いくら自分では気をつけているつもりでも、なかなか逃れることが出来ないような気が、個人的にはしています。

しかしだからと言って、注意をしない訳にもいかない、というのが難しいところじゃないでしょうか。

今までやってきたやり方にプライドを持つ。

これはプロとして非常に大切なことだと思いますし、当然のことですが、私もしっかり持っているつもりです。

でもそれに固執しすぎるのは危険です。

周囲の環境によって変わっていくものは、自分の想像を超えるものであっても、やっぱりある訳です。

出来るだけ新しいものを吸収する姿勢も、今までの積み重ねと同じくらいプロとして大事なことなのではないか。

ちょっと青臭いことを書いているな、という気もしますけど、私はそんな考えを持っています。


■概念は良いけど大丈夫なのか

BIM(ビム)の概念を実現する為に、Revit(レビット)が実装している機能を知った時。

今まで2次元のCADを使って仕事をしてきた身としては、その機能自体が驚きだったことをよく覚えています。

・コンピュータ上の3D空間に建物をモデリングして

・そのモデルがそれぞれ属性をしっかりと持っていて

・モデリングしたデータをパースや積算や図面に利用する

まあ色々と追加で説明は必要ですけど、Revit(レビット)の概念を3行で簡単に書くとこんな感じだと思います。

これは今まで線を引いて図面を描いてきた私にとって、全く違う考え方と仕事の進め方でした。

建築の図面にはまだこんな可能性が残っていたのか、という、技術者としての正直な感想。

もちろんこれは良い方向で持った感想です。

実務経験者から見た「こんなことを仕事で実現出来るのか」という感想もあった訳ですけど。

ポジティブとネガティブどちらとも、BIM(ビム)とRevit(レビット)に対する私の正直な感想でした。

「ぜひやってみたい」という気持ちと、「これで採算が取れるのか」という気持ちが同居するのは、別におかしなことではないですよね。

■図面以外の用途で

単純に図面を作図するだけを目的とするのなら、正直言ってBIM(ビム)の概念は不要です。

なぜなら、今まで図面を作図する仕事をしてきた中で、3Dモデリングデータは必須ではなかったから。

2DCADでも充分に図面を作成することが出来るのに、それを3D化する意味がどこにあるのか。

図面の作成だけを考えていると、このような問いに答えることは恐らく出来ないはずです。

同じ図面を作成するのに、わざわざ手間と時間をかけて3DCADを使うのは、ビジネスとしておかしいですから。

しかしそれは、あくまでも「図面を作図するだけなら」という話です。

図面で利用する以外にも、パースとして利用出来たり、数量を積算することが出来るのなら話は変わってきます。

一度きちんと3Dモデリングをすれば、図面だけではなく、パースを作成するのに利用出来る。

もしくは、建物全体のコンクリート量を簡単に積算することが出来る。

そうしたメリットがあるのなら、多少コストをかけてでもRevit(レビット)で作成する価値はありますよね。

もちろんBIM(ビム)という概念の中では、もっと有効に3DCADデータを利用していくことになります。

でも、まずは建物を建てる際にどの程度3DCADデータを利用出来るか、という話からスタートなのだと思います。

 

このページの先頭へ