なぜパースや模型が必要なのか

図面だけが目的であれば、わざわざRevit(レビット)で3Dモデリングをする必要はありません。

今まで通りにオートキャド(AutoCAD)などで図面を描いていけば、それで業務としては問題ないですから。

だけど、もっと別のところでも3Dデータを利用するのなら、Revit(レビット)でモデリングをする価値は充分にあります。

BIM(ビム)という言葉の概念は、3DCAD上の空間に建物をそのまま構築し、それぞれの部材に必要な情報を盛り込むこと。

だから3Dモデリングをすることは必須条件ではあります。

でも、そもそも全ての建物にBIM(ビム)の考え方を適用するべきなのか、ということもまだ分かりません。

過渡期と思われる今現在は、3Dモデリングをする建物と、今までのやり方で終わらせる建物に分かれてしまう。

これはもう仕方がないことだと思っています。


■BIM(ビム)の概念を実現するツール

BIM(ビム)という概念が目指している場所は、ある程度ですけど、一応はっきりとしています。

だから後はそれを実現する為のツールが整備されていれば良い訳で、それがRevit(レビット)になるのではないか、と私は思っています。

後はBIM(ビム)を実現する為のツールを整備するだけ、とか、そんなに簡単に言うなよ……

と、そんな声が聞こえてきそうですけど、理想的な状態を目指すことは何も悪いことではありませんよね。

そういう意味で、私はこれからのRevit(レビット)に大きな期待を寄せています。

期待していないソフトについてのサイトなんて、わざわざ手間を掛けて作成しませんから。

と、少し話が逸れましたね。

「3D情報を持った状態で建物を作成することが出来る」という部分がRevit(レビット)の大きな特徴です。

これが出来ないと何も始まらない、というレベルの、非常に基本的な話ではありますけど。

でも、それすらも昔は出来なかった訳ですから、それを考えれば大きな進歩ではないでしょうか。

■建物の完成形をイメージする

まず、3Dモデリングをすることで得られるメリットの中で、かなり大きなウエイトを占めているのが「分かりやすい」ということ。

Revit(レビット)で図面を書いた場合、作成した建物の見た目が立体になっています。

3DCADだから当然なんですけど、まずはこれが大きいですね。

視覚的に誰が見ても分かる状態になる、というのは、Revit(レビット)でモデリングをする際の大きなメリットなんです。

やっぱり「誰が見ても建物の形が分かりやすい」というのは、非常に大きな武器になると思いますが、いかがでしょうか。

もちろん今までも、誰が見ても建物の完成形が分かるように、という目的で様々な作業がなされていました。

スケッチで外観パースや内観パースを作成したり、あるいはパースをCGソフトで作成したり。

また、もっと身近に建物をイメージ出来るように、実際の建物と同じ形の模型を造る場合もあります。

なぜ多大な手間を掛けてでも模型やパースを作成するのでしょうか。

そうしたものを作成する目的はだたひとつ、建物がどんな形で出来上がるかのイメージを相手と共有する為です。

同じイメージを最終目標としていないと、後で「話が違う」というような事になりかねませんから。

イメージを共有する為には、やっぱり図面ではなく、見た目ですぐに分かるパースや模型の方が良いです。

図面というのはちょっと特殊ですから、ある程度の知識がないと内容を読み解くのが難しいんです。

そういう「プロ向け」の図面は、お世辞にも分かりやすいとは言えなくて、ヘタしたらプロが見ても分かりにくい場合もある。

でも、実際に建物を建てようとしている人が皆、建築や図面に関する知識を持っている訳ではありません。

建築のプロじゃなくても完成形がイメージ出来るように、という目的から、分かりやすいパースや模型が作成されるんですね。

 

このページの先頭へ