イメージを膨らませる為に

Revit(レビット)を使って3Dモデリングをするメリットのひとつとして、まずは「分かりやすさ」が挙げられます。

建築のプロであれば、紙に印刷された図面を見ればどんな最終形になるかをイメージすることが出来ます。

でも、建物を建てようと考える方が全て、建築のプロであるはずはないので、2Dの図面だけでは分かりにくいんですよね。

だから完成イメージとしてパースとか模型を作成する訳です。

こうした中で、最も分かりやすい完成形のイメージは、やはりマンションのモデルルームではないでしょうか。

実際に同じ間取りの1戸を別の場所に造ってしまい、さらに家具まで配置をしてしまう、というのがモデルルームです。

そのマンションを購入しようか検討している人に見てもらい、イメージを膨らませてもらうのがモデルルームの目的。

マンション購入者のほとんどは、当然建築とは関係のない業務に就いている方で、建築的な知識がない方がほとんどです。

そうした方に、このマンションを購入すればこんな暮らしが出来る、という良いイメージを持ってもらうんです。

大抵の方は一生に一回の買い物になる訳ですから、未来の自分をイメージしないと不安になりますよね。

その不安を取り除いて、マンション購入の背中を押してくれるのがモデルルームなんです。

まあこれはかなり大掛かりな例ですけど、どんな建物でも完成予想図みたいなパースは作成すると思います。

施主にどんな建物になるかをイメージしてもらうのは、本当に大事なことですから、手間を掛ける価値は充分にあります。


■Revit(レビット)ではどうなのか

こうして今まで割と手間を掛けて造ってきたパースですが、Revit(レビット)では元々3D情報をもった状態のデータが存在します。

だから、それを元にしてパースを作成することが比較的簡単に出来る、という大きなメリットがあります。

簡易的な表現ならすぐに出来ますし、写真のようにリアルな完成形を求めるのならそれも可能です。

もちろんその場合は多少の手間が必要になりますが、何もない状態からパースを作成することを考えれば、楽な部類に入るはずです。

また、作成した3Dデータを画面の中で見るだけであれば、特に何の手間もかける必要がありません。

Revit(レビット)には「3Dビュー」という機能が用意されているので、単純にその機能で視覚的に確認することが出来ます。

この手軽さと簡単さが、Revit(レビット)の大きな特徴であり、大きなメリットのひとつでもあるんですね。

大きな手間を掛けて3Dモデリングをすると、それ以降に出来ることが結構増えていく、ということ。

「視覚的に分かりやすくなる」というのは、3Dモデリングをすることで得られる大きなメリットのひとつと言えます。

■パースって何?

ちなみに……

パースって何?と思った方は、これを読んでいる方の中にもいらっしゃるかも知れません。

その場合は、「パース」「外観パース」などで画像検索をしてみると、きっと一瞬で理解出来ると思います。

意味としてはパースペクティブ(perspective)という単語(遠近法・遠近図法という意味)を略したもの。

建築で言えば、近くのものが大きく、遠くのものが小さく表現された外観図のことを指します。

人の手で描いたパースや、コンピュータが作成したパースなど、本当に様々なパースが見つかると思います。

その方が分かりやすいですから、本当はここにもパースの画像をいくつか載せたいんですけど……

でも、人が手間を掛けて描いたパースを、私が許可もなく手軽に載せてしまう訳にはいきません。

また、私が作成したパースもいくつかありますが、それも同じような話で載せることが出来ません。

私が作成したパースであっても、それは私が個人の趣味で描いた訳ではなく、仕事で作成したもの。

仕事ですから、要するにそれを依頼した人(というか会社)がいる訳で、それで私は報酬を得ている訳です。

報酬をもらってパースを作成したのに、さらにそのパースを勝手に私がサイトに掲載したら……

どこをどう考えてもダメですよね。

という訳で、ちょっとメンドクサイ手順ではありますけど、画像検索での確認をお勧めした次第です。

 

このページの先頭へ