建物をイメージする為の例

BIM(ビム)の概念を実現する為のツールとして、Revit(レビット)でどんな事が出来るのか。

そんなテーマで、まずはRevit(レビット)が持っている「3Dイメージが簡単に出来る分かりやすさ」を挙げてみました。

3DCADとして立体的にデータを作成しているので、どんな角度から見てもちゃんと建物の形が形成されている。

これは3Dだから確かに当たり前の話なんですけど、これは最大のメリットでもあるので、ぜひとも活用したいところです。

「誰が見ても分かりやすい」というのは、やっぱりどう考えても強力な武器になりますからね。

せっかく高さ情報を盛り込んだモデリングをするんだから、造ったデータは有効に利用した方が得。

Revit(レビット)を使うのだから、そこまでセットで出来ると良いんじゃないかと思います。

ただ、前回はそうした言葉だけの説明で終わってしまいました。

説明する側としては、言葉で書くだけだから楽でしたけども、読む側にとっては分かりにくかったかも知れません。

ということで、今回は少し例を挙げてみようということで、画像を交えて説明をしてみたいと思います。


■視覚的に分かりやすいとは?

まずは例ということで、実際に建物をRevit(レビット)でモデリングした状態を見せたいと思います。

と言うことで、建物の簡単な平面図として、こんな感じの図面があったとしましょう。

 

Revit(レビット)で作図した平面

 

まあこれは今回の為に作ったとりあえずの建物ですから、正直言ってかなり適当な図面ですけど……

いくら簡単な平面図とは言っても、平面図に書かれている情報から読みとれるのは、間取りくらいですよね。

どんな間取りなのかが分かったとしても、そこから建物全体のイメージをすることは結構難しいですよね。

だけどRevit(レビット)を使って3Dモデリングをしているのなら、それが割と簡単に出来る訳です。

Revit(レビット)で図面を作成していれば、3Dの情報を持っている訳ですから、こんな絵を簡単に見ることが出来ます。

 

 

平面図よりもぐっとイメージしやすくなったと思いませんか?

これがRevit(レビット)で3Dモデリングをすることの、最大にして最強のメリットなんです。

■様々な角度からOK

こうして作成した3Dビューは分かりやすいですけど、この角度でしか見ることが出来ないようではあまり意味がありません。

様々な角度から見ることが出来て、ようやく「さすがにRevit(レビット)だな」と言うことになる。

少なくとも私はそう考えています。

もちろん、3DデータとしてCADの空間上に配置されている訳ですから、角度を変えて見ることも簡単です。

 

異なる面のパース

 

こうして角度を変える為に必要な手間は、Revit(レビット)の操作的には少しマウスを動かすだけ。

本当に、1秒くらいの操作で終わるのが良いですよね。

これが、Revit(レビット)で作図をするメリットのひとつ「視覚的に分かりやすい」ということです。

 

このページの先頭へ