縦断面と平断面を簡単に作成

Revit(レビット)の大きな特徴である「視覚的に分かりやすくて建物の完成型を簡単にイメージ出来る」という点。

これはあくまでもRevit(レビット)の特徴のひとつでしかありませんが、最も説明のしやすい項目ですね。

絵があるというのはそれだけでイメージが膨らみますから。

と言うことで、今回はもう少しだけ視覚的なイメージがしやすいという点について書いてみたいと思います。

外見のパースだけではなくて、中身も分かりやすく見せることが出来るという部分が今回のテーマです。


■縦断面図も平断面図も

前回画像で出したのは外観の3Dビューで、これで建物がどんな形で完成するのかのイメージをすることが出来ます。

でもそれはあくまでも外観だけであって、建物の中身がどんな状態になっているかまでは説明することが出来ません。

そんな場合は、Revit(レビット)で少し3Dビューを変えて、建物の断面を見ることが簡単に出来ます。

一般的に断面と言えば「縦断面」になると思いますが、縦断面図はこんな感じに表示することが出来ます。

 

Revit(レビット)で作成した縦断面

 

また、平面方向に切った断面だと建物の間取りが分かりやすいですよね。

 

Revit(レビット)で作成した平断面

 

間取りと言っても、全然大した建物ではないので、平断面図を切る程分かりにくくはありませんが、まあともかく。

これは今回例に出した建物のクオリティが低いことが原因で、Revit(レビット)の機能としては出来ますという話です。

Revit(レビット)を使って3Dでモデリングをしておけば、後は自由に外観でも断面でも見せることが出来る。

そうしたイメージは掴めたのではないでしょうか。

■作成にかかった時間は?

ちなみに今回例に出した建物は、Revit(レビット)で新規にプロジェクトを作成して、30分位で作成しました。

こんな感じの適当な建物であれば、結構短い時間で3D要素を配置していくことが出来ます。

最初に多少手間と時間をかけてでも、こうしてRevit(レビット)による3D入力をしておく。

そうすれば、説明用として割と分かりやすい形状を、様々な角度で見せることが出来ます。

一度作成してしまえば、後で色々と利用価値がある、というのは、BIM(ビム)の考え方そのもの。

もちろん、要素の数は決して多くないですし、建築的に細かい部分でツッコミどころは満載なんですけどね。

例えば……

・そもそも柱がないけど壁構造なのか?

・基礎とがが全然入力されてない

・出入り口は1ヶ所で良いのか

・最上階の梁も見あたらない

・屋上の勾配は?

・屋上に貯まった水はどうするのか

などなど、実際に建設業に就いている方であれば、きっと色々と感じる部分の多い建物だと思います。

だから、言われる前に少しだけ自分で書いておきました。

「視覚的に分かりやすい」という話はこれで大体分かると思いますが、ここからさらに発展した話もあります。

ということでパースとレンダリングについては、次回にもう少し詳しく書いてみたいと思います。

 

このページの先頭へ