建物の完成イメージを共有する

Revit(レビット)に用意されている「レンダリング」という機能によって、建物をよりリアルに表現することが出来る。

これはBIM(ビム)という概念を実現する為に作られたRevit(レビット)が持っている、大きな武器のひとつと言えるでしょう。

レンダリングで作成するイメージは、3DCADが持っている特徴の中で、最も派手で分かりやすいもの。

だからこの特徴が前面に出やすい傾向にありますが、もちろんこれだけがRevit(レビット)の武器ではありません。

という話をもう少し後で詳しくやっていきたいと思っていますが、もうしばらくはレンダリングについて書いていきます。

レンダリングをすることによって、リアルな建物をRevit(レビット)上で表現することが出来るようになった訳ですが……

そこにはどんなメリットがあるのでしょうか。

仕事で使うツールですから、何らかのメリットがないと、手間をかけてまで利用することは出来ません。

そうなると、せっかくRevit(レビット)を覚えても、あまり使われないソフトになるという残念なことになります。

そうならない為にも、Revit(レビット)でリアルなパースを作成することが出来るメリットを。ここで確認しておきましょう。


■イメージの共有

レンダリングをすることによって、建物がどんな形で出来上がるのかを分かりやすく画像にすることが出来る。

しかも、建物を実際に建てる前に、というところがミソ。

この機能が持つ最大のメリットは、やはりプロジェクトが進行している段階で、最終的にどんな建物になるかを簡単にイメージすることが出来る。

これに尽きます。

そしてそのイメージを、プロジェクトに関わる人全員で視覚的に共有することが出来るんです。

画像になっている訳ですから、見る人全員が建物の完成形をイメージ出来るのは当たり前のことですが……

それを「当たり前」と言うことが出来るという時点で、パースは非常に有効な手段であると言えます。

頭の中だけではなく、実際に目で見てイメージを膨らませることが出来る、というのは非常に大きいことなんです。

図面からそれをイメージすることは結構難しくて、しかもイメージは人によって少しずつ違いますから。

それをはっきりと視覚的に「こうなります」と表現出来るのは、やっぱり非常に有効だと言えるでしょう。

■プロなら当然のことでも

もちろん……

建築のプロであれば、平面などの図面を見るだけで、建物が最終的にどんな状態になるのかを想像することが出来ます。

それがプロに求められるスキルですから。

当然個人差はありますけど、図面から全く何もイメージすることが出来ないようでは、恐らくプロとしてやっていけません。

だから、ある程度建築をやっている方であれば、図面から建物の形状をイメージをすることが出来るはずです。

まあここまでは良いとして。

しかし、お金を支払って建物を建てようとする人(=施主)は建築のプロではないことが多い、というところが大きなポイント。

せっかく高いお金を支払って建物を建てようとする人が、図面からどんな建物なのかを想像するしかない。

それではあまりにも悲しいですよね。

お客さんを意識したサービスという側面で考えると、ある程度の手間をかけてでも、視覚的なイメージは必要ということになります。

「こんな建物を造ろうとしていますよ」ということを相手に伝えておかないと、後で問題になることがありますから。

建物が完成した後で、もしくは完成する直前に「この建物はイメージが違う」と言われるのは大変です。

そうなると、対応するにしてもコストがかかるし、対応出来ないことであればお客さんが喜ばないということになります。

それではお金を払う方も受け取る方も、あまり満足しないですよね。

出来るだけそうならない為に、事前に多少の手間をかけてでも、建物の完成図をイメージとして作成するんです。

手間を掛けるだけの効果は充分にある、ということです。

 

このページの先頭へ