2DCADとパースの関係

建物を実際に建てるよりもずっと前、プロジェクトに着手する段階で、建物の完成形を作成する。

そうすることによって、プロジェクトに関わる全ての人が、どんな建物を建てようとしているかを共通認識することが出来ます。

それが設計を行う建築のプロであっても、建築のプロではないけどお金を出す施主であっても。

施主と設計が違う方向を向いているプロジェクトは、大抵の場合、なかなか上手くいかないことが多いです。

まあこれは当たり前の話で、プロジェクトのチームが同じ目標に向かっていないと、余計なトラブルが増えるんですよね。

皆が一致団結している場合でさえもトラブルは発生するんだから、そうでない場合はなおさらです。

それを防ぐ為に、レンダリングしたパースによる完成イメージの共有は、非常に有効な手段だと言えるでしょう。

そうした有効な手段ですから、Revit(レビット)などの3DCADが普及するよりも前からパースなどのイメージは作成されています。

では、Revit(レビット)などが普及する前は、どんな流れでパースなどのイメージが作成されていたのか。

今回はそのあたりについて考えてみたいと思います。

もちろん条件はそれぞれのプロジェクトによって違いますから、ここで書かれている内容が全てではありませんが……

Revit(レビット)を使った場合と比較してみると、なかなか面白いんじゃないかと思います。


■別々のデータとして存在する

Revit(レビット)などの3DCADが登場する以前は、基本的に建築設計図を2DCADで作図していました。

まあ今でもその手法が主流になっていて、なかなか3DCADで設計をする手法が広まらない部分もありますが。

今のところは2DCADを使ったやり方を採用した方が早いから、という理由があって、なかなかそこから離れることが出来ないのが現状です。

が、それはまた「Revit(レビット)が抱える課題とは?」みたいなところで書くことにします。

なぜ便利で理想的な概念を持っているはずの、3DCADがすぐさま主流にならないのか……

書くと非常に長くなりそうなので、そのあたりの話はまた後で。

今現在も主流である2DCADで設計をした場合、3Dで表現するパースはどのような扱いになるのでしょうか。

というと、基本的に図面とパースは分離した状態になることが多いです。

分離した状態という表現が正解かどうかは微妙ですけど、少なくとも2DCADの設計図とパースは連動しない状態となります。

2DCADで作図した図面を元にして、パースだけを作成する為に3D化をする、という手順がよくあるパターンです。

そうすると、出来上がるパースが2DCADのデータを渡した時点のものになるのは当然のことですよね。

■連動しなくても問題がない場合も

2DCADデータを元にして3Dパースを作成するというやり方は、あまり効率的とは言い難いやり方と言えます。

なにしろ図面と視覚的なイメージが、実際の設計図とは全く別のデータとして存在する訳ですから。

しかし、施主と設計が建物の完成形イメージを共有する為には、あまり効率が良くなくても、それをやるしかありませんでした。

もちろん手間を掛けるだけの価値はあった訳ですから、効率が良くないといっても、現状ではベターではないかと思っています。

完成イメージはあまり細かいところまで表現しないことが多い為、それでも充分に利用価値はあるんです。

あくまでもイメージという立ち位置ですけど、そのイメージが重要であって、細かい部分はあまり気にしないでも問題はありません。

だからその後2DCADデータをどんどん変更していっても、その変更を3Dパースまで反映させることは少ないです。

2DCADのデータと3Dパースが連動しなくても、パースを修正しないのなら別に問題ないですよね。

そういう意味では、途中から別のデータになってしまったとしても、それほど大勢に影響がないという事になる訳です。

こうした「2DCADでも別に支障はない」という状態も、なかなかRevit(レビット)が主流にならない要因と言えます。

次回は今までの手法と比較して、Revit(レビット)で3Dパースを作成した場合のメリットについて書いてみたいと思います。

 

このページの先頭へ