Revit(レビット)でパースを作る意味

2DCADで設計をした場合に、どのようなやり方でパースなどのイメージを用意することが多いのか。

前回はそのあたりについて、簡単に説明をしてみました。

どんどん変更をしていく設計図とパースの情報は連動しない状態ですけど、それで実務的にはそれほど問題は出ません。

だからこそ、手軽に出来る2DCADと分離したパース作成を選ぶことが多いんです。

もちろん大幅に変更があった場合は別ですけど……

例えば建物の外観などをパースで作った場合でも、外観が大幅に変わることはそれほど多くはありません。

変更といっても内部の壁位置などの細かい話が多く、外壁の位置を変えましょうみたいな変更は少ないです。

だから今までもこれからも、2DCAD+パースは別みたいなやり方で、それほど問題になることはないと思っています。

ただ、今までのやり方よりも便利で効率的なツールがあれば、それを使う方が良いですよね。

それは手描きからCADに移行した時も同じ考え方だったはず。

なので今回は、そうした「Revit(レビット)を使えばさらに便利になるかも知れない」という視点で考えてみましょう。


■3Dモデリングしたデータの活用

Revit(レビット)では、基本的に建物を構成する大きな要素を3Dモデリングすることになります。

例えば柱や壁や梁、外壁や内部の壁など。

トイレに配置される衛生陶器やタオル掛けなどの細かいパーツも3Dモデリングするのか、というあたりが問題になりますが……

基本的に大きな要素は3Dでモデリングをしていきます。

だから、例えば建物の外観などをパースで欲しい場合には、そのモデリングしたデータを活用することが出来ます。

今までは図面で使うデータとパースが別々だったけれど、Revit(レビット)では同じデータにすることが出来るんです。

だから図面を変更すれば、3Dビューも修正される状態になり、常に最新情報を見ることが可能という素晴らしい状態に。

レンダリングしたパースの例は以前も紹介しましたが、大体こんな感じのものが、3Dモデリングをしていれば簡単に出来ます。

 

Revit(レビット)で作成したパース

 

これはなかなか画期的な話で、うまく活用することが出来れば非常に便利ではないかと思います。

■リアルなレンダリングイメージは手間がかかる

もちろん、リアルさを追求していくと、以前紹介したマテリアルなどをきっちりと設定する必要が出てきます。

仕事で皆が「おお!」というようなクオリティまで持っていくのに、手間がかからない訳がないですよね。

そうなると「簡単にパースが作成出来ます」とは言いにくい状態になってしまいますけど、まあこれは仕方がない話だと思っています。

また、そうしたパースを作成するのにある程度のノウハウとかスキルが必要になるのも当然だと思っています。

そうしないとそのスキルに価値が出ませんから。

本物に近いクオリティを持つパースを、誰でも簡単に、しかもすぐに作れるようになったら……

出来上がったパースに有り難みはなくなってしまい、それに高いお金を支払う人はいなくなりますよね。

そうなってしまったら、恐らくそのパースを作る人の技術的な価値は低くなってしまいます。

簡単に出来るようになることは歓迎しますけど、「パースなんて誰でも作れる」という状態になるのはイヤ。

これはRevit(レビット)ユーザーとしての勝手な意見ですけど、やはりプロとして仕事をする以上、自分の仕事の価値は守りたいですよね。

と、少し話が逸れた気もしますけど、Revit(レビット)では3Dモデリングしたデータをパースに活用出来るというメリットがあります。

今まで図面とパースは別々に作成していましたが、それを同じデータで作成していき、なおかつ変更にあわせて連動していく。

これは非常に大きなメリットだと思いますが、いかがでしょうか。

ただし、何の問題もなくメリットだけを受け取れる訳ではなく、レンダリングで作成するイメージには欠点もあります。

次回はその欠点について書いてみたいと思います。

 

このページの先頭へ