レンダリングが持つ問題点とは

今まで何回かに渡って、Revit(レビット)が3DCADとして持っている、視覚的な分かりやすさを取り上げてきました。

2DCADでは簡単に実現出来ない分かりやすさがあるので、これはやっぱり3DCADの大きな特徴と言えるでしょう。

3Dビューでアイソメとして見たり、カメラ機能でパースとして見たり、という視点を目的に合わせて使い分けていく。

そんな使い方が良いんじゃないかと思います。

そしてその画像により現実味を持たせるため、レンダリングという機能を利用してリアリティを出していく。

視覚的な分かりやすさで便利な3Dビューと、建物が出来上がった後の状態をリアルに知ることが出来るレンダリング。

そして時には、3Dモデリングした建物の中を歩くようなアニメーションとして「ウォークスルー」も使ったり。

これらの機能を自由自在に組み合わせていけば、様々なシーンで発生する「ここを見たい」という要望に、きちんと応えることが出来るはず。

まあ良いことばかりではありませんけども。


■3Dモデリングで広がる世界

こうした「分かりやすさ」というのは、プレゼンテーションを行う際に大きな力を発揮することになります。

どれだけ図面をたくさん並べても、どれだけ言葉でたくさんの説明をしたとしても、1枚のイメージに敵わないこともあるんです。

百聞は一見に如かず、とはよく言ったもので。

また、写真よりも動画の方が臨場感があるので、場合によってはアニメーションの方が効果的な場合も多いです。

ウォークスルーもレンダリングと同じく、Revit(レビット)でモデリングをしていればあとはそれをどう見せるかの設定をするだけ。

最初からRevit(レビット)で3Dモデリングをしていれば、という条件は付きますけど……

きちんと3Dモデリングをしておけば、後で「3Dでやっておいて良かった」と感じる可能性は高いと思います。

まあこれは、Revit(レビット)ユーザーである私のひいき目が多少はあるかも知れませんけども。

このように、非常に便利かつ分かりやすいパース作成やレンダリング機能ですけど、もちろんデメリットもない訳ではありません。

世の中には欠点のないものなど存在しませんから、デメリットがあるから使えませんとか書くつもりはないですよ。

ただ、実際に実務で使うのであれば、そうしたデメリットもしっかりと把握しておく必要があるはず。

と言うことで、今回はレンダリングをする際に問題となりやすい点について考えてみたいと思います。

■時間がかかるという欠点

レンダリングを実行することによって、作成した3Dモデリングデータをリアルに表現することが出来る。

これがレンダリングの最大のメリットですが、リアルさを追求していく程、作業に時間がかかってしまいます。

まずはこの「かなり時間がかかる」という部分が、レンダリングの最大のデメリットになります。

もちろん仕事でパースを有効に使う為に必要な作業ですから、時間がかかるからダメとは言いません。

でも、作業する人のスキルや効率のよい操作などを超越して、設定などの作業が終わった後で時間がかかるのが困るんです。

マテリアルの設定や光源の設定などをきっちりと作り込んでいく作業は、確かに面倒で時間はかかります。

けれど、それは細かい設定だから仕方がない話であって、それをデメリットと呼ぶことは出来ないはずです。

そこは問題ではなく、もっと根本的な部分で困る訳で……

色々な細かい設定が終わったら「レンダリング」ボタンをクリックして処理を開始することになります。

この、レンダリング処理を開始してから終了するまでに、かなり膨大な時間がかかるんです。

一度「レンダリング」をクリックした後は、もうひたすらコンピュータの処理が終わるのを待つしかありません。

光源の数や解像度、パソコンのスペックにもよりますけど、悪条件が重なると一晩待つとかになる場合も。

これがまずは大きなデメリットと言えるでしょう。

 

このページの先頭へ