Revit(レビット)以外のソフトで

Revit(レビット)では、一度視点を決めてレンダリング処理をした後で、レンダリングをした状態のまま視点を変えることは出来ません。

そんな特徴を前回は紹介してみました。

だから、視点を自由に変えることが出来る3Dビューやカメラの状態で、どう見せるかをきちんと決めておく必要があります。

ただでさえ処理に時間がかかるレンダリングを、少し角度を変えたいが為に何度も繰り返す。

これは実際にやってみると非常に空しいです。

とは言っても、実際にはそうした地味な微調整によって何度もレンダリングを繰り返す場合の方が多いかも知れません。

綺麗に仕上がった建物の完成予想図としての外観パースや、仕上に凝った部屋の内観パース。

これらは見映えが良くて派手な感じがしますけど、それを作るのは地味な作業の繰り返しなんですよね。

こうした微調整を繰り返して、少しずつ本物に近い画像に近づけていく、というのが現実かも知れませんね。


■リアルタイムレンダリング

Revit(レビット)では出来ませんけど、今は「リアルタイムレンダリング」機能を持っているソフトもあります。

リアルタイムレンダリングとは、まあ読んだままですけど、常にレンダリング処理をしながら3Dビューを表示するというもの。

視点を変える度に、レンダリングの計算を自動でやってくれるという、何ともパソコンを酷使しそうな機能ですが……

実際に使ってみると、これがなかなか便利なんですよね。

いずれRevit(レビット)にも、そうした便利な機能が搭載されるかも知れません。

と、個人的には結構期待をしてます。

もしくは、3DモデリングはRevit(レビット)でやって、レンダリングは他のソフト、みたいな流れになるかですね。

可能性としてはこちらの方が高いような気がします、というか、今現在もそんな作業の流れになっています。

本当は1つのソフトで完結する方が良いんですけど、現実を見るとそういう理想だけでは難しいですね。

他のソフトとの連携については、また別のカテゴリで色々と書きたいことがたくさんあります。

BIM(ビム)の概念を実現する為には、Revit(レビット)だけで完結する訳にはいかないんです。

Revit(レビット)ユーザーとしては、少し寂しい話ではありますけど、これはもう仕方がないことだと思っています。

■他のソフトとの連携も考える

ちなみにこれは余談ですが……

残念ながら、Revit(レビット)が持っているレンダリング機能は、とびきりの高性能という訳ではありません

他の3DCGソフトに比べると、仕上がりと時間の面で、どうしても見劣りがしてしまうんです。

例えば、同じAutodesk社が販売している「3DSMAX」というグラフィックソフトに比べると。

3DSMAXが非常に高性能なソフトであるだけに、余計そう感じるのかも知れませんけど、まあ比較するとそう感じてしまいます。

そんな感じで、Revit(レビット)ではレンダリングに余計時間がかかってしまうことが多かった。

夜帰る前にレンダリングを開始して、翌日の朝出社したらレンダリングが終わっている。

なんてパターンもありました。

これは一昔、パソコンのスペックがまだ足りていなかった時期の話ですけど、今でも一瞬で終わることはありません。

以前例に出したような簡単なレンダリングであっても、10分程度の処理時間が必要になってきます。

そういう意味でも、Revit(レビット)だけで全てをやろう、というような拘りはない方が良いと思っています。

様々なソフトの得意分野を駆使して、出来るだけ効率の良い作業を心がけるのが、プロではないでしょうか。

 

このページの先頭へ