作図する線の意味とイメージ

Revit(レビット)で利用できる3Dビューは非常に分かりやすく、完成形が容易にイメージ出来るというメリットを持っています。

しかしその分かりやすさは誰しもが求める訳ではない為、かかるコストとのバランスが重要になってくる。

前回はそんな感じの話をしました。

ちょっと固い話ではありましたけど、普段も特に面白い内容を書いている訳ではないからいいか……

本当は難しい内容の話を、飽きさせることなく分かりやすく書いていきたいと思ってるんですけど、これがまた難しいんです。

Revit(レビット)の操作とか、建築に関する専門的な話であれば、勉強をすれば何とかなるものです。

でも、分かりやすくてなおかつ飽きない文章を書くとか、文章の中に時々笑いを入れるとか。

そういうのは勉強しても全然進歩しません。

一定の水準以上の文章を書くのは、ある程度の才能が必要なんじゃないか、とか思ってしまいます。

ちょっと話が愚痴っぽくなってきたのでこの辺で終わりにして、今回は3Dビューが必ずしも求められない理由を考えてみます。


■建築のプロが持つスキル

Revit(レビット)による3Dビューが、誰にでも求められる訳ではないのは、一体どのあたりに理由があるのでしょうか。

その理由は割と単純です。

建築に関わるプロであれば、2Dで図面を作図する際に、頭の中で立体的な絵が出来ているから。

頭の中で建物をイメージすることに慣れている為、特に3DCADを使わなくても大丈夫、という単純な理由です。

もちろんこれには個人差がありますけども、多かれ少なかれ、プロであればそれは出来ると思います。

そういう完成形のイメージを頭の中で作れないと、気が利く図面を書くのはなかなか難しいです。

梁の底よりも天井レベルの方が高くて、実際に施工をすると天井に梁型が出てきてしまうような図面。

これは立体的なイメージが出来ていない人が書いてしまう、典型的な図面の例ではないでしょうか。

本当によくある話で、最初からそれが分かっていれば充分に調整が可能なんですけど……

後から、つまり施工段階でこういう事実が発覚すると、どうにもならない場合が多く、意匠的にいまひとつの状態になってしまいます。

■図面が描く線の意味

図面で表している線の1本1本には、当然のことですけど、それぞれにきちんと意味があります。

断面として切断されているのか、あるいは角が見えているだけなのか。

同じ1本の線であっても、それぞれ意味を持った線であり、作図者はそれを考えて図面を描いていくんです。

高さ情報を意識しないで平面を描いたとしたら、それは図面ではなく、単なるスケッチでしかありません。

そんなスケッチでは、図面として役に立りませんので、実際に施工をする段階でトラブルが続出することになります。

プロが描く図面であれば、そこまで考えることが求められる訳です。

……とか、あまり厳しいことをここで書いてしまうと、そういうオマエは出来てるのか?という話になってしまいますけど。

平面を描いた後で改めて断面を描いてみると「あれ?」ってなるような図面では、プロとしてやっていけない。

だから自然と頭の中でイメージをしながら図面を描くようになって、それが今はRevit(レビット)の機能として分かりやすく用意されている。

そんな状態ですね。

そういう意味で、3DCADが持っている「視覚的に分かりやすい」というのは、プロ目線ではあまり必要のない機能なんです。

もちろんあって困る類の機能ではありませんが、なくて非常に困るほどでもない、という感じ。

どうしてわざわざ3Dで見せる必要があるのか、今ひとつ3DCADの必要性が理解出来ない。

そう思っている方は、恐らくかなりいるんじゃないかと思います。

 

このページの先頭へ