3Dと2Dどちらで進めるか

Revit(レビット)が持っている「分かりやすさ」というメリットも、図面のプロにはあまり必要とされない。

……場合も時にはある、というような話を前回は書きました。

しかしだからといって、3Dが持っているメリットが全然無駄、という訳では決してありません。

当たり前の話ですけど、2Dの図面を見る全ての人が、その図面を見るだけで立体的にイメージ出来る訳じゃないですから。

むしろそれが出来る人の方が少なくて、だからこそ「プロ」と呼ばれる人の存在価値があるんです。

全員がその作業を簡単に出来たら、恐らく図面を描くことを仕事にする人が必要なくなってしまいますよね。

あまり普通の人が出来ないことをするから、プロとしての仕事が成り立つんじゃないかと思います。

そんな訳で、職業的にそれが可能な人が一部いるから、わざわざ分かりやすくする必要はない、というのはちょっと違う話なんです。

そんな乱暴な話ではなく、基本的にはその他大勢に合わせた分かりやすさを持たせることが重要になってきます。

全員で視覚的な情報を共有して、これからこんな建物を造るんだ、という共通意識を持つのは非常に大事なこと。

これは以前に何度か書いた通りです。


■メリットを比較して決める

さて、Revit(レビット)が持っている3DCADとしての機能、視覚的な分かりやすさについて今まで色々と書いてきましたが……

ある程度細かく説明をしてきましたので、この話はそろそろ終わりにして次に進んで行くことにします。

視覚化、パース、カメラ、レンダリングなどについて書き始めたら、非常に長くなってしまいました。

あまりまとめきれていない気もしますけど、書きたいことはとりあえず書くことが出来たので、そろそろ別のことも書きたいです。

3DCADとして、視覚的に非常に分かりやすい状態を簡単に作成することが出来る、という強力なメリット。

しかし一方で、やはり3Dモデリングをするのは2Dで図面を作図するよりも手間がかかる、というデメリット。

これらの話はどんな3DCADでも持っている特徴ですから、その特徴を踏まえてRevit(レビット)を使っていく。

もしくは、今まで通りに2DCADでプロジェクトを進める。

Revit(レビット)で作業をした方が簡単で、2DCADよりも効率が良くて全然早いです!

……と言われる時代が来るまでは、メリットとデメリットを比較しながらその都度ベターを選んでいくしかないと思います。

いつかそんな時代が来ることを、建築関連の仕事に携わる人間の一人として、切に願っています。

■手間をかけた価値を知っているからこそ

実際に3Dで作図をする側としては、実は3D機能はあまり使わないという側面も確かにあります。

それは前回も書いた通りですね。

しかしだからと言って、せっかくモデリングしたデータを全く使わない、というようなことはしません。

図面のプロですから、確かにわざわざ3Dビューで見なくても、ある程度頭の中でイメージは出来ています。

しかしそれと同時に、3DCADで作成したモデリングデータには膨大な手間と時間がかかっていることを知っています。

膨大な時間がかかっているというのはつまり、膨大なコストがかかっているということと同じ話。

だから、そうして作成したデータを「プロだからいらない」とは言わず、しっかり活用しているはず。

私も、自分では分かっている形状であっても、相手に納得してもらう為のツールとして活用してます。

また、これはもう少し後で紹介しますけど、大まかな数量を出すことが出来るというのも助かってます。

まあせっかく3Dモデリングをしたデータがあるのなら、色々と便利に使わないと勿体ないですからね。

少なくとも私はしっかりと活用をしていますし、他の方もきっとそうではないかと確信しています。

パースなどについての話は今回でひとまず終わりにして、次回はRevit(レビット)が持つ別の特徴について書いていきたいと思います。

 

このページの先頭へ