2DCADでのZ座標の扱い

今まで結構時間をかけて、Revit(レビット)が3DCADとして視覚的に分かりやすい、という点について書いてきました。

これは確かに強力なメリットですから、私の説明が下手という話を差し引いても、結構長めの説明をしてきたと思います。

でも、それはRevit(レビット)が持っている大きなメリットの中のひとつでしかありません。

BIM(ビム)の概念を実現する為のツール、3DCADとして、Revit(レビット)にはまだ良いところがたくさんあるんです。

パースを簡単に見せることが出来るだけのCADなら、あえてここで解説をする程のものでもないですから。

それだけの機能ではないからこそ、ここでBIM(ビム)を実現する為のツールとして紹介している訳です。

こうしてRevit(レビット)の良いところを踏まえて使いこなすことが、プロとして求められるスキルじゃないかと思います。

ということで、Revit(レビット)がまだ持っているメリットについて、これから詳しく書いていくことにします。


■今までの図面はどうなのか

今まで書かれてきた建築の図面というのは、3Dではなく2D、つまりは平面的な表現でしかありませんでした。

紙の上に手で線を引く作業を、CADが肩代わりしてくれているだけ、という感覚が今までの2DCADです。

もちろんCADならではの、手描きにはない高度な機能も用意されているので、それを使うことによって仕事の効率化が見込める部分もあります。

しかし根本的な手法としては、自分の手で線を引く代わりに、パソコンが線を引いて図面を作成していくというもの。

そうして作図されるのは、このような図面になります。

毎度毎度同じ平面が登場しますけど、例を出す度に新しい建物を考えるのは結構大変なので、これで勘弁してください。

 

オートキャド(AutoCAD)の平面図

 

 これは単純な平面上に記入されている線ですから、CAD的に言えばZ座標は全て0で描かれています。

だから斜め上から眺めると、このような状態になる訳です。

 

オートキャド(AutoCAD)の3Dビュー

 

ペラペラの状態という表現が、何となくこの画像から読みとれるんじゃないかと思いますが、いかがでしょうか。

■果たして効率は良かったか

オートキャド(AutoCAD)などで作図する図面は、特に指定がなければZ座標を0のまま作図していきます。

だから、建物のある部分の高さ的な情報を知りたければ、平面図を元にして断面図を作図するしか手がありませんでした。

これは2DCADで作図する建築図面の標準的な概念です。

今までの図面で当たり前のようにやっていた作業ではありますが、効率が良いかと聞かれたら、少なくとも良いとは答えられません。

だって、平面図で作図する壁と、断面図で作図する壁とは、基本的に全く別の要素な訳ですから。

仕事というのは基本的に、無駄な作業を排除していき、極力効率化を図ることが求められます。

仕事は金銭的な利益を上げる為の活動ですから、無駄なことをやればやるほど、人件費がかさんでしまいます。

それでは充分な利益を出すことが出来ないので、出来るだけ省力化を図っていき、会社としての利益を守る訳です。

だから、自分の会社が苦手な分野については、しかるべき報酬を支払ってでもプロに依頼をする。

そして自分の会社で行う作業については、無駄な部分をとことん洗い出して、それを削ぎ落としていく。

そうした作業が仕事の基本的なスタンスです。

と、ちょっと小難しい話をしてしまいましたが……

要するに、平面図の壁と断面図の壁が全く違っていて、二度同じ壁を作図するというのは、効率的ではないということですね。

そんな手法が、オートキャド(AutoCAD)をはじめとする2DCADの標準ならば、3DCADであるRevit(レビット)はどうなのか。

このあたりの話は次回に続きたいと思います。

 

このページの先頭へ