図面の存在意義と整合性

このカテゴリでは、Revit(レビット)の大きな武器のひとつである「図面の整合性」というテーマで色々と書いてみたいと思います。

非常に大きな可能性を感じさせてくれる、この「別の図面がそれぞれ連動して整合を取ることが出来る」という機能。

この機能が当たり前になった時には、CADというソフトはまた1段ステップアップするんじゃなかろうか……

と、そんな気がしています。

まあこれはBIM(ビム)の概念というよりも、もっと単純に3DCADの大きなメリットというだけの話かも知れませんが。

しかし、使い方をしっかりと押さえておけば、これは非常に有効な機能として設計者を手助けしてくれるはず。

建築に携わる一人のプロとして、私はこの「図面の整合性」という機能にそんなイメージを持っています。

もちろんというべきか、大きなメリットの影で、まだまだ不便に感じる問題点もあります。

しかし問題点があるのなら、それを解決していくことで、少しずつ便利になっていくことは間違いありません。

何も問題点がないけど使いにくいとか、そういうどこにも向かっていない状況に比べれば健全な状態じゃないかと思います。

そのあたりの課題を含めて、現状がどうなっているか、今後どうなっていくかなども書いていければいいかな。

まずはそうした機能の前に、なぜ図面の整合性が必要になってくるのか、という「そもそも」的な部分を考えてみましょう。


■図面の存在価値

何もないところに新しく建物を建てるというのは、非常に膨大なパワーを必要とする行為です。

少なくとも私にとっては、これは非常に大きなパワーが必要だなと感じますけど、私だけが特別という訳ではないはずです。

月並みな感想しか述べることが出来ないのが少し恥ずかしいですけど、本当に人間の力って凄いですよね。

建物を建てる為に注ぎ込まれる膨大な手間。

この手間には様々な種類がありますけど、そうした作業のひとつに「図面」という存在があります。

図面には、実際に建物を建てるよりも前に、まずは紙というかパソコン上でその建物を建ててみる、という大きな目的があります。

そうして事前に検討をすることによって、実際に建物を建てる際に発生する問題を極力少なく出来るんです。

だから、最初にある程度の手間をかけて図面を作成するだけの価値は、充分にあると私は思ってます。

■膨大な図面が表すもの

ここで少しだけ、実際に建物を建てる為に作図する図面がどの程度あるのかを考えてみると……

建物の企画段階に作成する図面や、もう少し細かく設計をつめていく図面、建物の骨組みをどうするかを表現する図面。

そして建物を実施に設計する施工する際に必要になってくる図面など、その種類と数は多岐に渡ります。

具体的には意匠設計図、構造設計図、設備・電気設計図、建築・設備施工図、各種製作図、そして竣工図など。

簡単に挙げてみても結構な種類で、細かく分類していくと、本当に膨大な量の図面になってきます。

これらの図面が具体的にどんな内容なのか、ここで細かく書くと長くなってしまうので、それはまたの機会にするとして……

そうした具体的なカテゴリ分けはともかく、膨大な数の図面が必要になってくることは間違いありません。

そしてここで重要な事実がひとつ。

これらの図面は膨大な量になりますけど、結局表しているのはひとつの建物に関する情報でしかない、という事。

たったひとつ(と言うと簡単に聞こえますが)の建物を建てる為に、本当にたくさんの図面が存在します。

だから当然、そのたくさんある図面は、皆同じ方向を向いている必要がある、と言うことになる訳です。

図面に表現されている内容がきちんと整合されている必要がある、というのはそう言った理由があるから。

同じ建物について説明する図面なのに、それぞれが全然違う内容で説明していたら、どれが正解なのか分かりませんから。

 

このページの先頭へ