設計図で不具合がある場合

建物を建てる際のベースとなる設計図が、どんな流れで少しずつ不整合になっていくのか。

前回はそんなテーマを取り上げてみました。

なんだか「自分が図面に関わっていく中で、どんな上手く行かない要素があるのか」みたいな話になってしまいましたが……

これは私自身の話ではなく、あくまでもごく一般的な話であって、私の失敗を書いている訳ではありませんよ。

まあそういう失敗も、実際の仕事をしていれば、当然ありますけども。

設計図が不整合になると、その設計図を見る人が皆苦労することになるので、極力そうした状態は避けたいところです。

しかしながら、時間が限らてている中で様々な業務をこなしていくと、多かれ少なかれ不整合が出てしまいがち。

これは言い訳でもなんでもなく、今現在の業務形態だと現実的にそうなる可能性が高い、という話です。

その改善策の為にRevit(レビット)がどのような役割を果たすのか、という話はもう少し後にするつもりです。

まずはそうした話をするよりも先に、あまり整合がとれていない設計図がベースになると、実際どんなことになるのか。

このあたりについて考えてみましょう。


■設計図が整合されていないと

時間的な問題やコスト的な問題、もしくは個人のスキルが原因で発生する、図面の不整合。

この問題は非常に厄介ですが、それが建物を建築する際の最重要情報源である設計図で発生すると、一体どうなるのでしょうか。

実際に建物を建てる段階では、設計図をベースにしてもう少し細かい図面を描くことになります。

いわゆる「施工図」を作図することによって、設計図の不整合が解決する場合もあります。

でも、あまりにも設計図の不整合が酷い場合には、施工段階の検討だけで全ての問題を解決することは難しいです。

そうなると、実際に施工する際にどうなるかというと……

少々具体性に欠ける表現になってしまいますけど、一言でシンプルに表現すると「もう大変なことになる」という感じです。

ベースとなる情報なのに色々と違うことが書かれていたら、上手く行かないのは当たり前ですよね。

その設計図をベースにして、施工出来るような図面を描く「施工図」という段階で、少しずつ不整合は減っていくはず。

しかしもちろんそれにも限界があります。

どこに書かれている情報が正しいのかは、設計図を見ている側には分からないですから、ある程度それも仕方がない話ですよね。

■設計図段階ではまだ良くても

実際のところでは、設計図段階であまり整合が取れていない状態でも、まだそれほど危機的な状況という訳ではありません。

なぜなら、設計段階ではまだ紙の上の話であったり、パソコンの中だけの話である場合が多いから。

だからある程度設計図で整合が取れていなくても、まだ何とか大丈夫という雰囲気ではあります。

まだ実際に現地でモノを取り付けている訳ではない、という部分がやはり大きなポイントになのでしょう。

しかしそんな状態のまま施工段階に進んでしまったら……

そこからはもう実際にモノを取り付けたりする「施工」の段階ですから、そうなったら収拾がつきません。

図面上で上手く行っていない状況であれば、実際の建物でも同じようにダメな状態になるだけ。

まあこれは当たり前の話ですよね。

図面でダメな状態だけど、実際にやってみたら大丈夫だった、なんてことはまずあり得ません。

そういう困った状態にならないように、という目的があって、建物を建てる前に図面を描く訳ですから。

その図面上で上手く納まっていない状態であれば、それは実際の現場も同じように納まっていない状態である。

基本的にはそういう状態になるのが正解で、それでこそ図面が存在する意味があると言えますよね。

図面の質が悪くても建物が建たないことはありません。

でも「どれだけ無駄なく施工をしていくか」という観点で考えると、やはりそれでは今ひとつなんですよね。

 

このページの先頭へ