自動で連動することの価値

設計図を作図する段階で、様々な図面が不整合になってしまった場合、実際にはどんな状況になるのか。

まあ少々漠然とした表現になってしまいましたけど、前回はそんな感じのことを考えてみました。

建物を建てる際には、設計図をベースとして施工をする訳ですけど、それが不整合だと非常に困ります。

設計者としても、「こことここが違いますがどちらが正ですか」みたいなことを言われ続けることになって、あまり楽しくない状態です。

不整合な設計図は設計者の責任ではありますけど、毎回違いを指摘されるのはあまりいい気がしません。

もちろん質問をする側だって、そんなくだらないことを毎回質問するのはイヤだと思います。

でも、設計図が不整合なままだと施工側が大変になるし、設計者も自分が思ったような建物にすることが出来ないままに。

これでは誰もハッピーじゃないので、出来れば皆がハッピーになるようなやり方をしたいところですよね。

というような感じで、設計者も施工者も、極力図面の不整合が発生しないように出来るだけ気をつける。

これが、図面の整合性に気を遣う理由です。


■図面が良ければ大体はOK

前回も同じようなことを書きましたけど、図面で納まっていない部分は実際の現場でも納まってくれません。

図面で納まっていても現場で納まらないことは結構ありますけど、残念ながらその逆パターンは全然ない。

実際の建設現場で業務をしていると、この話が残酷なまでに事実だ、ということがよく分かります。

しかし、これは物事のひとつの側面でしかありません。

図面がダメだと現場もダメという事実は確かにありますけど、それを逆に考えることも出来ますよね。

図面でしっかりと検討されて納まっている状態であれば、実際の現場も大抵は綺麗に納まる、という。

だから図面は重要なツールと言われ、出来るだけきちんと整合がとれた図面とするように気をつけるんです。

そうやってしっかりした図面がまとまっていれば、建物はそれほど問題なく建っていくことになります。

もちろん人間の手で施工をする訳ですから、CADで描く図面のように寸分の狂いもない状態では出来ません。

そのあたりが原因で、図面では納まっているけれど、実際には納まらないようなことは時々あります。

でも、施工の図面を描く人は、そのあたりの施工精度なども考慮して図面を描くので、そうした状態はそれほど多くないはずです。

■人力では限界がある

このように、しっかりとした図面をまとめる為には、図面の不整合を出来るだけ少なくする必要があります。

完全に不整合をゼロにするのは難しいとは思いますが、ある程度のレベルにまでは持っていくことが出来ます。

だけどそれにも限界がある。

今まで2DCADで図面を描いていた時には、不整合を防ぐ作業を人の手でやっていました。

平面図を修正したら、それに絡む断面図も修正して、さらに設備にそれを連絡して、みたいな作業です。

非常に地味な作業ですけど、こうした作業を積み重ねていかないと、最後は全然まとまっていきません。

だから地味でもやるしかない。

それがRevit(レビット)を使えば、少なくとも平面図の壁を修正したら断面図も修正されるようになります。

もちろん設備など、他の部署への連絡調整は人間がしっかりとやる必要がありますけど……

それ以外の機械的な部分、平面と断面の整合などについては、Revit(レビット)が処理してくれるというのは大きいですよね。

そのあたりの具体的な話は次回以降に続きますが……

まずはどうして図面の不整合がダメなのか、図面がダメだとどんな影響があるのか、これを覚えておきましょう。

 

このページの先頭へ