2DCADでは整合性がどうなるか

今まで何回かに分けて、建物を建てる際に作成する設計図の整合性がどの程度重要なのかを考えてきました。

基本的にそれぞれの図面が同じ情報を記載している、というのが大前提にある訳ですけど、これがなかなか難しい。

人間の手で完璧にそれを実行するのは、時間的にもコスト的にも、あまり現実的ではない場合も多いんです。

だから、Revit(レビット)を使って様々な図面の整合性をとっていきましょう、というのが当サイトの主旨です。

もちろんRevit(レビット)には整合性というメリット以外にも、視覚的な分かりやすさなどの武器もあります。

配置する3Dモデルに様々なパラメータを持たせることも出来る為、BIM(ビム)の概念を実現することも。

それと同じくらい重要な機能として、平面の壁と断面の壁が連動するという、図面の整合性が挙げられます。

これは3DCADであるRevit(レビット)の特徴と、一般的な2DCADの特徴の違いでもあります。

2DCADとRevit(レビット)の違いについては、今までも色々と書いてきた気もしますけど……

このカテゴリでは、改めて「図面の整合性」というテーマに沿って、それぞれの特徴を書いていきたいと思います。


■今までのやり方がベストなのか

2DCADの代表的な存在であるオートキャド(AutoCAD)で、平面図がどのように作図されるか。

これは以前Revit(レビット)と2DCADの違いを説明した際に、簡単にではありますが説明をしました。

Z座標はあくまでも0で作図されることが多いので、斜めから見た3Dビューはペラペラの状態になる、というのが特徴でした。

イメージはこんな感じです。

 

オートキャド(AutoCAD)の平面図

 

見て頂ければ分かるように、これはあくまでも平面座標上にZ座標=0の高さで線を引いて壁などを表している状態

だから、その建物の高さ関係がどんな状態になっているか、という点を知る為の断面図が欲しければ、新たに作図をするしかありません。

2DCADを使った図面作図手順としては、今までそんな感じで仕事をしてきた訳です。

もちろん、Z座標と言っているくらいなので、オートキャド(AutoCAD)のモデル空間は3Dになっています。

だから当然のことですけど、作成した図面に高さを持たせて、3Dとして作図することも可能。

でもあまり普段は必要としない為、基本的にはX軸とY軸の平面上で図面を作図することが多いんです。

■2DCADでの問題点

2DCADの基本的な作図方法は、高さ情報を入力しないまま、つまりZ座標=0で全て表現するというもの。

これが決して不便だという訳ではなく、今まではそうしたやり方で図面をまとめることが多かった、ということです。

私もずっとこのやり方で図面をまとめて来ましたし、Revit(レビット)がある今でも2DCADを採用することも多いです。

今までのやり方で発生する問題は色々ありますけど、よくある問題としては以下のようなものがあります。

平面図と断面図の壁位置が違う

建具表と平面図の情報が合っていない

平面図と平面詳細図のプランが微妙に違う

そもそも納まっていない(実際に施工出来ない)

最後の項目はさておき、非常に多いのが「図面の整合が取れていない」という問題ではないでしょうか。

設計図を見ると、図面毎に違う情報が記載されていて、どの情報が正解かの判断が難しくなることが多かった。

建築関連の業務に就いている方であれば、このあたりの話はもう毎度のことだと感じているはずです。

これがRevit(レビット)ではどうなるのか、という話を次回にしてみたいと思います。

 

このページの先頭へ