3Dモデリングした後の状態で

図面の不整合を撲滅する為に、Revit(レビット)が持っている機能をどのように使うのか。

Revit(レビット)が2DCADと大きく違う概念を持っているのは、どのあたりなのか。

今回はこのあたりの話をしてきたいと思います。

ようやくここからRevit(レビット)の機能について、画面を交えて具体的な話をすることが出来ます。

少しばかりと言うか、かなりと言うか……前置きが長くなってしまいまってすみません。

操作方法などのテクニックを工夫して、どれだけ効率よく作業を進めることが出来るか、とか。

そういうテクニカルな話を、画像を添えながら具体的に説明していくのは、結構好きなんです。

でもその前段階として、このソフトにはこんな機能があって、こんな事が出来ますよみたいな、概念の話も好きなんですよね。

なかなか分かりやすくまとめるのが難しいんですけど、それはある程度の量を書いてからでも良いと思ってます。

だから話が長くなってしまいましたが、ここからはもう少し具体的に行きましょう。


■モデリングをするという意味

Revit(レビット)で3Dモデリングをするということはつまり、建物をそのままの形状で入力していくということです。

だから「平面図で作図する壁」とか「断面図で作図する壁」という概念がない、というのが大きなポイント。

オートキャド(AutoCAD)などの2DCADで図面を描く場合、平面図で柱や壁の線を引き、その後断面図で壁の線を引くという作業をしていました。

でもRevit(レビット)ではそういう作業よりも前に、まずは3D空間上で柱や壁を配置していく作業を進めます。

これがRevit(レビット)とオートキャド(AutoCAD)で決定的に違うところです。

もちろん配置する要素は様々あって、壁よりも柱の方が先などの話もありますけど、とにかく3D要素の入力からスタート。

そして壁などの要素を一通りモデリングした後は、その壁を図面として使えるように表現していく作業になります。

平面図を作図する際には、3Dモデリングした壁を平面で切り取って見て、そこに寸法などを入力していきます。

断面でも同様に、3Dモデリングした壁などを断面図で切り取って、そこに寸法などを入力していく。

平面と断面という切断方向の違いがあるだけで、作業としては全く同じ手順を踏んで進めていくことになります。

■実例を挙げてみると

3Dモデリングした要素を断面に切り出して、そこに寸法や文字などを入力して図面をまとめていく。

とか……

いくら言葉で色々と表現するよりも、以下の画像を見た方が具体的でイメージしやすいかも知れません。

 

Revit(レビット)の3Dビュー

 

いかがでしょうか。

上記画像はどちらも3Dビューをキャプチャーしたものですが、それぞれ平面図と断面図を切ったイメージで作っています。

建築の平面図は一般的に、高さ1m程度のところで水平に建物を切断して、そこに見える要素を表現していきます。

上段の画像で、建物の上側が切れているのはそのため。

断面図も同じような考え方で、「ここを切断して詳しく見たい」という場所を決めて、切断面と見えてくる要素を表現します。

下段の画像がそのイメージです。

壁が青く表示されているのは、今現在その壁が選択されていることを示しています。

1つの壁を選択すれば、別々の3Dビューであっても同時に選択される、という感覚がこれで何となく伝わるでしょうか。

 

このページの先頭へ