自動で断面を作成してくれる

前回は、Revit(レビット)の3Dビューを利用して、建物の平面図と断面図がどのあたりで切断されるかを紹介しました。

このあたりの話は、建築関連の仕事をしている方にとってごく普通の話であって、何も驚くような内容ではありません。

でもRevit(レビット)の基本的な機能を紹介する為に、かなり基本的な話かも知れないけれど、あえて書いています。

だから「こんな当たり前のことばっかり書いてあって……」とか言わず、少しだけお付き合いをお願いしますね。

しかしこうした話というのは、分かりやすい言葉とか難しい言葉で色々と説明をするよりも、画像の方が分かりやすいですよね。

どんな言葉で書くのが分かりやすくて相手に伝わるのか、とか考えながら書いていくのは大変ですけど、楽しい作業でもあります。

それでベストな表現が出来ているかは別として、画像というのはそうした苦労を飛び越えて最強じゃないかと思います。

だから出来るだけ分かりやすさを重要視して、これからも積極的に画像を使って説明をしていければ、とか思ってます。

言葉を探して何度も書きなおすより、画像で分かりやすく説明をした方が楽な場合も多いです。

それで読む方に伝わりやすいのなら、まさに良い事ずくめですよね。

サンプルとして架空の建物を例に出すのが大変……

とか、そんな問題がない訳ではありませんけど、それでも分かりやすさには勝てませんから。


■自動化である程度の省力化

少々話が脱線しましたが、Revit(レビット)でモデリングをしたデータを図面にする場合にどんな手順を踏むのか、という話の続きから。

Revit(レビット)では、3Dモデリングしたデータを、任意のレベルや位置で切断することが出来ます。

そしてその切断面を図面化していくことが出来る。

前回紹介した3Dビューのように、切断する位置を決めればそれを図面として作成してくれるんです。

これはオートキャド(AutoCAD)などの2DCADにはない、非常に便利な機能ではないかと思います。

だから、じっくりと時間をかけて丁寧にモデリングさえしておけば、そこから図面化をする作業はそこそこ楽になるんです。

あくまでも「そこそこ楽になる」程度ですけども。

これを勘違いして「どこでも断面を切れるから図面の省力化が出来ます!」みたいなことを言う人もいます。

でもそう言う人は、多分実際に作業をする人からは、とても冷たい目で見られてしまう気がします。

だったら自分で省力化してみろよ、みたいな目で。

とまあこんな話はさておき、このあたりの「半分自動的に作図してくれる」という機能が、Revit(レビット)の大きな特徴ですね。

「Revit(レビット)が持っている強力な武器です」と言っても良いかも知れません。

それくらい、2DCADとは大きく違う機能なんです。

■問題もある

ただし。

この「Revit(レビット)が自動的にやってくれる」という機能は、かなり微妙なニュアンスを含んでいます。

微妙というか、実際に作業していて困るというか、なかなか思った通りにいかない部分です。

Revit(レビット)側で断面作成を自動的に処理してくれる、というのは非常に有り難い話ではあります。

多大な省力化を実現、とか言われると反発してしまいますけど、実際に便利なのは確かに事実です。

人間の手で処理をするよりもコンピュータで処理をした方が効率が良い、というような作業は非常に多く、断面作成もその中の一つでしょう。

でも、その「Revit(レビット)による自動処理」が、作図者の意図と完璧にあう訳ではない、というのが困るんです。

これが難しいところなんですよね。

もしそうなってしまうと、そこから作図者が表現したい図面に持っていくのが非常に難しいことになります。

なにしろ「自動的に処理してくれる」訳ですから。

このカテゴリで書きたいのは「図面が整合されますよ」という話なので、このあたりの操作性については、もっと別の所で書くつもりです。

 

このページの先頭へ