自動断面作成と図面化の違い

Revit(レビット)で3Dモデリングをしたデータは、平面図でも断面図でも3Dビューでも整合される。

これがRevit(レビット)の大きな特徴なんです、という話を結構長く続けて来てしまいました。

不整合のない図面を作図する事がどれだけ大事なことか、建築の仕事に携わる方であればよく分かると思います。

そういう意味では、Revit(レビット)という3DCADが持っている可能性に期待しますよね。

ただしこの機能にはいくつかの問題点があります。

この特徴をしっかりと理解して作業しないと、あまり便利に使いこなすことは出来ない、というレベルの問題点が。

良い側面だけを見て「とても便利ですよ」と書くのは簡単ですけど、そういう話だけでは実際に役に立ちません。

メリットとデメリットを掴んでおいて、それらの特徴を踏まえてどうやって使いこなしていくのか。

これがプロに求められる事です。

だから良いことばかりここで書いてもあまり意味がないし、不便な部分もあるというのは実際に使えばすぐに分かることでもあります。

だからここでは、Revit(レビット)のあまり便利ではない側面についても紹介しておくことにします。


■連動するのはモデル要素のみ

前回紹介したように、Revit(レビット)で3Dモデリングした壁は、平面上で移動させれば断面でも移動されます。

 

壁を選択した状態

 

上記画像のように、どのビューで壁を選択したとしても、選択しているのは結局1つの壁。

だからどのビューで移動しても、その壁を表示している全てのビューで移動が反映されるんです。

3Dモデリングした壁が、平面ビューや断面ビューで見えてきている、という表現が正解に近いかな。

同じ壁であれば、平面図で移動した際に断面図で同じように移動されるのは、まあ当然と言えば当然ですよね。

ただしここで気をつけたいのが、連動するのはあくまでもモデリングした要素のみである、という部分。

壁や柱や床などの3Dモデリング要素以外のものは、それぞれのビュー特有の存在なんです。

そうしたビュー固有の存在は、どのビューで操作しても同じ、という訳にはいきません。

■壁芯や文字などの要素はどうなるか

壁や柱などの3Dモデリング要素ではなく、それぞれのビュー特有の存在というのは、具体的には何なのか。

例えば断面図で考えてみると……

まずは3Dモデリングした状態で自動作成される断面図が、一体どんな状態だったかを思い出してみましょう。

 

自動作成された断面

 

この状態が図面としては不完全である、という話は以前にしたと思います。

寸法線や文字などの説明が全くないですから、これでは図面として何の説明も出来ていない状態と言えます。

なので、Revit(レビット)で自動的に断面図を作成した後は、その断面に文字や寸法などを記入していく作業が発生します。

あまり褒められた断面図ではありませんが、少なくともこの程度くらいには寸法と文字が必要です。

 

断面図に文字と寸法を追記した状態

 

モデリングは自動ですが、図面としてまとめていく作業は自動ではない、というところがポイント。

断面を自動作成してくれるという機能は本当ですが、それで図面が完成する訳ではないのも本当です。

そうした「図面化」をした後で壁を移動すると、自動的に連動します、と言えない状態になることもあるんです。

具体的にどんな状態になるのか、それを回避するにはどうすれば良いのか、などは次回に続きます。

 

このページの先頭へ