平面図で壁を移動した状態では

Revit(レビット)で3Dモデリングをすると、自動的に断面図や平面図を作成してくれます。

が、自動で作成した断面図ではそのまま図面として使えない為、ある程度手間をかけて説明を加える必要があります。

平面で壁を移動すると断面でも壁が移動される、という図面の整合性がRevit(レビット)の特徴。

……という話を今までたくさんしてきました。

でも、そうして手間をかけて寸法などの要素を追加して図面を作成した後では、その整合性に問題が出る場合もあります。

それは具体的にどんな状態なのか、というのが今回のテーマです。


■平面図と断面図に寸法を追記した状態

3Dモデリング要素から自動作成した平面図と断面図に、文字と寸法を追記した状態はこんな感じです。

平面がこれ。

 

図面化した平面図

 

断面がこれ。

 

図面化した断面図

 

とりあえず室名を記入して、壁の芯寸法を記入して、サッシュの寸法を簡単に記入しています。

図面としては最低限この程度の情報は必要で、図面の種類によっては、この程度の情報では全く不足なこともありますが……

今回は例ということで、この簡単な図面で図面の整合性について説明をしていきたいと思います。

まず、プラン変更になった場合には、大抵の場合は平面図上で壁位置を変更する事になります。

平面図で壁を移動した状態がこちらで、少し事務室のスペースを広くして、更衣室が狭くしたプランです。

 

プラン変更後の平面図

 

こうして平面図上で壁を移動すると、当然断面図でも壁は移動されている状態になる、というのがRevit(レビット)の特徴です。

 

■実際はこうなる

しかし壁の位置が整合されると言っても、実際の断面図を見るとこんな状態になっているんです。

 

壁移動した後の断面図

 

確かに壁は移動されているけれど、壁芯とか壁芯寸法などはそのままの状態になってる。

これでは図面として「壁位置変更がきちんと整合取れています」とは言えない状態ですよね。

前回も書いたように、連動するのは3Dモデル要素のみであって、ビュー毎に記入した文字や寸法などは別なんです。

これをきちんと理解しないまま「平面と断面が連動する」と思っていると、期待とは全然違う結果になってしまいます。

もちろん解決方法が何もない訳ではなく、工夫をすれば問題なく連動することになるんですけど……

何もしないまま便利に連動する訳ではない、という話をここではきちんと書いておきたかったんです。

では、こういう状態にならないようにする為にどんな操作が必要なのか、という話を次回にしたいと思います。

 

このページの先頭へ