連動する要素としない要素と

Revit(レビット)で3Dモデリングしたデータが、平面図と断面図とで連動してくれる。

これが3DCADであるRevit(レビット)の大きな特徴であり、強力な武器でもある訳です。

しかし便利な機能の一方で、壁芯寸法や室名などの説明要素については完全に連動する訳ではない、という現実も。

前回はそのあたりの話をして、例としてサンプルの図面で壁を移動して検証してみました。

いくらRevit(レビット)でも、何から何まで連動して整合が取れる訳ではない、ということですね。

今回はその話の続きとして、具体的にどんな要素が連動して、どんな要素が連動しないのかを考えてみます。

それをしっかりと把握しておかないと、連動しない状態を解決することなんて出来ません。

それを掴んでおき、後はRevit(レビット)の自動機能に任せるのではなく、操作する側として工夫を重ねていく。

プロであれば、この工夫をどのようにやっていくかが大事なんじゃないか、などと個人的には思っています。


■連動する要素としない要素

壁芯や文字など、3D要素ではないものは平面と断面で連動しない、というのがRevit(レビット)の特徴です。

CADの仕組みを考えると、平面図で文字などの要素を移動した際に、断面図の文字が移動されるのは難しいんじゃないかな。

そもそも、平面図と断面図に同じ文字が必要なのかどうかも確実ではないので、連動しないのが正解だと思います。

ちなみに「3D要素ではないもの」とは、具体的にはどんなオブジェクトを指すのかというと……

建物が完成した時に残っていないもの、という感じになります。

柱とか壁などは建物が完成しても見えてくる要素で、Revit(レビット)でモデリングしています。

だから平面図と断面図とで連動してくれて、高い整合性を保った状態で図面を進めることが出来ます。

しかし壁の位置を示す壁芯や、その壁芯まで通り芯からどの程度離れているのかを示す寸法などは、建物が完成したら残らない要素です。

だからRevit(レビット)で3Dモデリングをすることもなく、平面図や断面図それぞれ個別に入力していくことになります。

まあ改めて説明するまでもない事かも知れませんけど、連動する要素としない要素をきちんと把握するのは重要ですからね。

 

■壁芯と壁をセットにしておく

3Dモデル要素である壁を平面図上で移動しても、断面図の壁芯は3Dモデル要素ではないので移動されません。

これが今現在のRevit(レビット)の現実。

そうなると、逆に断面図の壁が勝手に連動しない方が良い、みたいな極端な意見も出てきそうです。

少なくとも壁芯だけが浮いた状態というのは、図面としては絶対にあってはならない状態です。

図面に関わるプロであればなおさら、そうした情けない状態は出来る限り避けたいところです。

そんな状態になるのなら、少々平面図と断面図が不整合になったとしても、図面としての見た目がおかしくない方が良い。

そんな意見が出てくる可能性は少なくないかも知れません。

実際Revit(レビット)を使っていると、壁芯だけが取り残された状態を見る場合が時々あります。

それを思い出すと、自分が想像しなかった部分で図面の表現が変わってしまう、という状況で困ることは多い気がします。

まあこれは壁芯を移動してしまえば済む話ではありますけど……

結局自動的に移動された壁に合わせて、壁芯を手動で移動しなければならないのなら、手間はあまり少なくなっていない。

そんな気がするのは、恐らく私だけではないと思います。

実際にそれでは省力化という話に繋がってこないですから、ある程度壁芯なども連動した用が良いです。

この具体的なやり方については、次回に詳しく書いてみたいと思います。

 

このページの先頭へ