整合性をとる為の大事なポイント

Revit(レビット)の特徴である、平面図や断面図や3Dビューなどの高い整合性。

この便利な機能を充分に発揮する為には、なぜ連動して整合が取れるのかという話と、連動しない要素をしっかりと掴んでおく必要があります。

なぜ連動しないのか、という理由も当然知っておいた方が良いです。

仕組みさえ理解することが出来れば、後は実際に作業をする側に便利になるように、少しやり方を考えれば良いだけですから。

Revit(レビット)がどういう動きをするのか、という話を色々としている理由はそこにあります。

もちろんRevit(レビット)の操作的な話ではなく、機能的な問題である場合もあるので完璧とまでは言いませんが……

それでも、今現在用意されている機能の中で出来る限り便利に使う為には、特徴を掴んでやり方を考えるしかありません。

こうした地味な積み重ねは非常に大事なことだし、最後はこういう積み重ねで差が出るもの。

どうせ仕事でRevit(レビット)を使うのなら、他の人よりも上手く使いこなせる方が良いですよね。


■地道な作業で差が出る

何の工夫もしていない人よりも、常に効率の良いやり方を探している人の方が、全体的に仕事は早い傾向にある。

これはRevit(レビット)に限った話ではなく、オートキャド(AutoCAD)などでも同じだと思います。

というか、CADに限った話ではなくて、仕事全般に言える共通項目ではないでしょうか。

少なくとも私が今まで仕事をしてきた中では、大抵の場合はこの法則が当てはまったような気がします。

余程の天才的な才能がある場合は別ですが……

そんな才能を期待するのならば、地道に知識を増やして努力をした方が話が早いと思います。

スポーツなどと違い、Revit(レビット)には才能が要求され場面がそれほど多くはないですから。

ある程度の向き不向きはありますけど、それさえクリアすれば後は努力でなんとでもなります。

こんな基本的な話を書いてしまうと、「そんなのは当たり前」と言われてしまうかも知れません。

でも、他の人よりも効率よくRevit(レビット)を使いこなすには、非常に重要な要素なんです。

当たり前のことを当たり前に実行していく。

これで差をつけることが出来るのなら、確実に実行していく方が得なんじゃないかと私は考えています。

非常に高度な事を要求されると難しいですけど、別にそういう訳ではなく、ただ地道なだけですから。

 

■壁芯と壁をつなげる

少し話が逸れてしまい、効率的な作業をする為には……みたいな話になってしまいました。

ここで話を戻しますが、ここで言いたかったのは「Revit(レビット)の特徴を掴めば誰でも使いこなせる」ということです。

確かに高度な機能を持った3DCADですから、そう簡単に覚えることは出来ないとは思います。

でも、オートキャド(AutoCAD)などに比べて要素が多いだけで、途轍もなく難しい訳ではありません。

なので、どうかあまり身構えたりしないで、気軽にRevit(レビット)を操作してみて頂ければと思ってます。

……と、また話が逸れそうなので、今度こそ話を戻します。

連動するモデル要素に対し、連動しない壁芯などの要素をどのように配置しておけば良いのか、という話の途中でした。

解決方法としてここで挙げておきたい手段は、壁芯を壁と一体化させておく、という割と単純なやり方です。

壁自体はきちんと連動して整合される訳ですから、その壁に壁芯をくっつけておく、というシンプルな手段です。

やり方がシンプルであれば、Revit(レビット)を操作する側の負担も少なくて済みますし、間違いも少なくなりますから。

具体的にRevit(レビット)でどんな操作をするのか、という画面を交えた話は次回にしたいと思います。

話が長くてすみません。

 

このページの先頭へ